可児市制40周年記念企画展「豊蔵の40茶碗」

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年8月27日〜2022年12月4日
会場 荒川豊蔵資料館
入場料 ○一般:210円
○団体(20名以上):150円
○共通券:310円(可児郷土歴史館、戦国山城ミュージアム、荒川豊蔵資料館の3館から2館を選んで入館。1年間有効。)
※高校生以下、障がい者手帳を提示の方(付き添い1名)は入館無料
開館時間 午前9時30分から午後4時(最終入館は午後3時30分)
休館日 月曜日(9月19日、10月10日は開館) 9月20日(火曜日)、10月11日(火曜日)、11月4日(金曜日)、11月24日(木曜日)
住所 〒509-0234   岐阜県可児市久々利柿下入会352番地
公式HP https://www.city.kani.lg.jp/22495.htm

展示内容・解説

可児市は今年市制40周年を迎えます。その記念として当館が所蔵する荒川豊蔵作の茶碗40点を厳選して展示します。荒川豊蔵は、国の重要無形文化財制度の第1回目にて、美濃桃山陶で知られる「志野」と「瀬戸黒」の技法で認定されました(人間国宝)。美濃桃山陶にならい茶陶を中心に制作し、一番触れる機会の多い茶碗を特に多く手掛けました。豊蔵の作域は広く、信楽や唐津や萩、粉引、染付を制作するなど、やきもの研究に対しての貪欲さが現れています。今回の展示では、そんな豊蔵の多様な一面がうかがえる茶碗を紹介します。また、市制記念にちなみ、可児市としてスタートした40年前(昭和57年)に描かれた写生帳から、当時のできごとや豊蔵の暮らしを垣間見ていきます。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP