今昔礼賛

会期終了

Information

 
会期2022年9月13日〜2022年11月18日
会場 野﨑家塩業歴史館
入場料 大人(高校生以上)500円
小中学生300円
幼 児無 料
※小中学生・高校生は、土曜日・日曜日・祝日は無料です。
※障害者手帳をお持ちの方は2割引です。(本人と付添者1名)
※割引の併用はできません。
ーーー
※小中学生・高校生・引率教員が授業の一環として利用される場合は無料です。
開館時間 9:00 ~16:30(17時閉門)
休館日 毎週月曜日(祝日であれば、その翌日) 年末年始(12/25~1/1)
住所 〒711-0913 岡山県倉敷市児島味野1丁目11-19​
公式HP https://www.nozakike.or.jp/post/%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95%E3%80%8C%E4%BB%8A%E6%98%94%E7%A4%BC%E8%AE%83%E3%80%8D

展示内容・解説

江戸時代後期から製塩業で財を成した野崎家の邸宅は、 岡山県倉敷市の南部、瀬戸内海に接した児島地区に位置し、 約3000坪の緑ゆたかな敷地内には、 本瓦葺の主屋群が軒を連ね、 6棟の土蔵が威風堂々と立ち並びます。 児玉知己 (1982-) は、 自然の感覚を意識した筆致による絵画表現を、立体や空間にも展開する現代作家です。 これまでに 第4回岡山県新進美術家育成 「I氏賞」大賞、エネルギア美術賞を受賞し、 井原市の華鶴大塚美術館 (2020) 奈義町現 代美術館 (2022) 等でも個展を開催しました。 本展では、作家の生まれ育った児島の地を舞台に、同じく「I氏賞」受賞作家 として活躍中の李侖京 (1978-) 金孝妍 (1980) を迎え、 気鋭の作家3名の共演をお楽しみいただきます。 いまを生きる作家たちの表現と、百数十年もの時を経た歴史建築が響き合う空間を、この機会にぜひご鑑賞ください。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP