古墳時代導水施設の儀礼

会期終了

Information

 
会期2022年9月10日〜2022年11月6日
会場 狭山池博物館
入場料 無料
開館時間 午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)
電話番号 072-367-8891
住所 〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目
アクセス ○南海電鉄難波駅より高野線にて大阪狭山市駅下車、西へ約700m
地図 Google MAPで見る
公式HP https://sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/?p=3929

展示内容・解説

古墳時代に執り行われた数々の儀礼の中で、農業に不可欠な水にかかわる儀礼にはどのようなものがあったのでしょうか。集落からは、川から水を引き入れ、砂や泥を沈殿させて浄水を得る装置である木製の樋や槽などからなる「導水施設」が出土します。また、古墳からは「導水施設」やその一部を模した埴輪が出土します。古墳時代の首長たちが「導水施設」で得られた浄水を使う儀礼を重要視していたことが、数々の遺跡の発掘調査から知られています。
本展では、水にかかわる儀礼がどのような内容だったのか、儀礼の背景にある当時の思想等について、「導水施設」や儀礼に使われた遺物、古墳から出土した埴輪などを中心にご紹介します。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP