竹中郁と小磯良平 開館30年特別展 詩人と画家の回想録

会期中

Information

 
会期2022年10月8日〜2022年12月18日
会場 神戸市立小磯記念美術館
入場料 一般1000(800)円、大学生500(250)円※()内は20名以上の団体料金
高校生以下・無料※学生証、生徒手帳などを持参ください。
神戸市在住の65歳以上の方・500円
※住所と年齢が証明できるものを持参下さい。
障がい者手帳またはスマートフォンアプリ「ミライロID」ご提示の方・無料
※特別展「川西英~三つの百景」(神戸ゆかりの美術館 2022年10月15日~12月25日)との共通入館券・1500円
開館時間 10時00分から17時00分(入館の受付は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日、10月11日〔ただし10月10日(月曜日)は開館〕
住所 〒658-0032神戸市東灘区向洋町中5丁目7
アクセス 六甲ライナー「アイランド北口(小磯記念美術館前)駅」下車すぐ
公式HP https://www.city.kobe.lg.jp/a45010/kanko/bunka/bunkashisetsu/koisogallery/tenrankai/20221008.html

展示内容・解説

神戸を代表するモダニスムの詩人・竹中郁と画家・小磯良平は、1917(大正6)年、旧制兵庫県立第二神戸中学校(現・兵庫高校)で出会い、無二の親友となりました。竹中は関西学院(現・関西学院大)文学部英文科に進学、小磯は東京美術学校(現・東京藝大)を卒業後、ともにヨーロッパへ遊学し、帰国後は神戸で活躍しました。
本展では、竹中と小磯、そして彼らと関りの深い芸術家の作品から、約200点の資料や絵画を展示します。竹中の詩と小磯の絵画が共有する清冽な世界観、そしてそれを生んだ神戸の芸術的環境をたどります。中学時代に画家を夢見た竹中の戦後の絵画約40点もご覧いただきます。
11月15日(火曜日)より一部作品の展示替えがあります。
(公式HPより)

アーティスト

  • 竹中郁
  • 小磯良平

近隣イベント

TOP