「描く」を超える― 現代絵画 制作のひみつ ―

会期中

Information

 
会期2022年11月26日〜2023年1月29日
会場 小杉放庵記念美術館
入場料 一般 730円(650円)
大学生 510円(460円)
高校生以下は無料

※( )内は20名以上の団体割引料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、日光市公共施設使用料免除カードの交付を受けた方とその付き添いの方1名は無料
※第3日曜日「家庭の日」(12月18日, 1月15日)は、大学生は無料
※日光市民は一般300円、大学生200円、高校生以下無料
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日・振替休日のときは開館し、その翌日を休館)
電話番号 0288-50-1200
住所 〒321-1431 日光市山内2388-3
アクセス 東武線「浅草駅」またはJR「新宿駅」から特急で「東武日光駅」下車。もしくはJR「宇都宮駅」から日光線「日光駅」下車。東武バス「世界遺産めぐりバス」もしくは「奥細尾行」「清滝行」「中禅寺温泉行」「湯元温泉行」に乗り換え、「神橋」下車。徒歩3分。
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.khmoan.jp/event/event_d.html?0:3006

展示内容・解説

「線を引く」「空間を刻む」「重ねる」「たらす」「待つ」といったキーワードを軸に、入江観、菊地武彦、佐川晃司、中村功、二木直巳、間島秀徳、山田昌宏らによる1990年代から2000年代の作品から現代絵画の制作の秘密を探るとともに、「描く」という行為の多様性に迫ります。令和2年度の新型コロナウイルス感染拡大により中止になってしまった展覧会を改めて再構成するものです。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP