仏像の美

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年10月4日〜2022年12月11日
会場 會津八一記念館
入場料 一般 600円、大学生 300円、
高校生 200円、小・中学生 100円
※団体20名様以上2割引、土日祝日は小・中学生無料
開館時間 午前10時~午後6時(午後5時30分まで受付)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
電話番号 025-282-7612
住所 〒950-0088 新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ5階
アクセス 新潟駅からバス 約9分/タクシー 約5分/徒歩 約15分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://aizuyaichi.or.jp/exhibition/3384/

展示内容・解説

今から100年前、大正11(1922)年に會津八一(1881~1956)の強い勧めで、写真家・小川晴暘(1894~1960)は奈良市登大路に文化財写真の専門店、飛鳥園を創業しました。八一は、晴暘の撮影に同行して写真集を監修し、店の看板も八一が揮毫するなど、様々な協力を行っています。八一が監修した晴暘の仏像写真には、大きく二つの新たな試みがありました。一つは、黒い背景によって仏像を浮かび上がらせる試みで、これは輸入された洋書のギリシャ・ローマの彫刻写真集を意識して制作したといいます。

 もう一つは、細部の撮影です。仏像の美しさを強調するために手足や衣文などの細部に注目し、その構図と照明も工夫して撮影しています。この黒い背景、細部を撮影した仏像写真は、飛鳥園の代名詞の一つとなり、晴暘は多くの名作を生み出しました。飛鳥園は、文化財を「記録」だけではなく、「鑑賞」いう新たな視点で、現在の文化財写真の新たな潮流を築き上げたといえるでしょう。

 本展では、飛鳥園の仏像写真の逸品とともに、八一の歌書作品を紹介いたします。また、日本で最初の世界文化遺産に登録された法隆寺に遺る八一の作品など、奈良ゆかりの資料もあわせて展観いたします。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP