復帰50年 平良孝七展

会期中

Information

 
会期2022年11月3日〜2023年1月15日
会場 沖縄県立博物館・美術館
入場料 一 般 1200円(960円)/大学・高校生 500円(400円)/中学・小学生 300円(240円)/未就学児 無料
※( )内は前売料金および20名以上の団体料金
※ 障がい者手帳をお持ちの方、および介助者の方は当日料金の半額
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日、年末年始(12/29~1/3)、1/10(火) ※ただし1/9(月・祝)は開館
電話番号 098-941-8200
住所 〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
アクセス 那覇空港からバスで
【99】天久新都心線
乗車バス停 国内線旅客ターミナル前(那覇バスターミナル向け)
降車バス停 おもろまち3丁目
運賃 ¥240
所要時間 約30~40分
降車バス停から徒歩 ・ゆっくり歩いて12分
・普通に歩いて9分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://okimu.jp/exhibition/tairakoushichi/

展示内容・解説

平良孝七(1939-1994)は、沖縄県大宜味村生まれの写真家です。

 1970年、「復帰」に揺れる沖縄を写した『写真集沖縄 百万県民の苦悩と抵抗』を発表。1976年、島々で生活する人々とその風景を撮影した写真集『パイヌカジ』で第2回木村伊兵衛写真賞を受賞します。その後も平良は沖縄に根ざす生活者の「記録」を様々なテーマで撮り続けました。

 沖縄の日本への「復帰」を見つめ、激動の時代にありながら、変わりゆく沖縄の「実情」をとらえた平良の写真は、いまも強度を持って観る者に問いかけます。本展は残された写真から平良の足跡を振り返ります。
(公式HPより)

アーティスト

  • 平良孝七

近隣イベント

TOP