鷹狩

会期中

Information

 
会期2022年11月12日〜2022年12月15日
会場 徳川美術館
入場料 一般 1,200円
高大生 700円
小中生 500円

※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日
電話番号 052-935-6262
住所 〒461-0023 名古屋市東区徳川町1017
アクセス ■名古屋駅より
○市営バス
名古屋駅バスターミナル10番のりば 基幹2系統 「猪高車庫」方面ゆき「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約30分)徒歩約3分。
○名鉄バス
名鉄バスセンター3階 4番のりば 「三軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約30分)徒歩約3分。
○JR
JR中央線「多治見」方面行 ー 「大曽根駅」下車(所要時間約20分)南出口から徒歩約10分。
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2022/1112/

展示内容・解説

鷹狩は飼い馴らした鷹を用いて獲物を捕らえる狩りで、日本でも古代から江戸時代にかけて、天皇や貴族、武士の間で好んで行われました。鷹狩は鷹〈を〉狩るのではなく、鷹〈で〉狩る点においても他の「狩り」とは異なる側面を持ちます。鷹や捕えた鳥は献上・拝領の対象となるなど儀礼的な側面がある他、鷹狩を行うための鷹を育てる技術や鷹場(たかば)などの支配も欠かせない要素のひとつです。
本展では、鷹狩に関わる人々や場にも焦点を当てつつ、鷹狩の世界を紐解きます。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP