華ひらく近代工芸の美ー板谷波山と香取秀真ー

会期終了

Information

 
会期2022年10月22日〜2022年11月27日
会場 桑名市博物館
入場料 大人(高校生以上)500円
中学生以下無料

※20名以上の団体は1人400円
※桑名市博物館メールマガジン購読者は携帯画面を見せるか、プリントアウトしたものを見せれば本人及び同伴者合計2人まで各400円
※障害者手帳を提示の方は、本人およびその同伴者合わせて2名まで無料
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入館は閉館の30分前)
休館日 毎週月曜日
電話番号 0594-21-3171
住所 〒511-0039 三重県桑名市京町37−1
アクセス ○JR・近鉄ご利用の方
名古屋からはJR関西本線あるいは近鉄名古屋線で約20~30分で桑名駅(JR・近鉄ともに同じ駅舎です)に到着します。桑名駅から徒歩約15~20分です。
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.city.kuwana.lg.jp/hakubutukan/bunka/bunkashisetsu/2022_hazan_hotsuma.html

展示内容・解説

陶芸家・板谷波山(いたやはざん/1872-1963)と鋳金家・香取秀真(かとりほつま/1874-1954)は、日本の近代工芸界を牽引した第一人者であり、昭和28年(1953)には工芸家として初の文化勲章を2人同時に受章しました。
本展では両者の珠玉の名品を展観するとともに、波山に師事した桑名の陶工・加賀月華(1888-1937)や、秀真と親交のあった多度の郷土史家・伊東富太郎(1876-1958)などの桑名地域との関わりをご紹介します。
新たな表現技法に挑み続けた工芸家たちの熱意と、それによって生み出された端正で格調高い作品の数々をぜひご覧ください。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP