大本山 相国寺と金閣・銀閣の名宝

会期中

Information

 
会期2022年11月26日〜2023年1月22日
会場 大分県立美術館
入場料 一般 1200(1000)円、大学・高校生 800(600)円
※( )内は前売および有料入場20名以上の団体料金
※中学生以下は無料
※大分県芸術文化友の会びび KOTOBUKI無料(同伴者1名半額)、TAKASAGO無料、UME団体料金
※障がい者手帳等をご提示の方とその付添者1名は無料
※学生の方は入場の際、学生証をご提示ください。
開館時間 10:00~19:00(入場は閉館の30分前まで)
※金・土曜日は20時まで開館
休館日 12月26日(月)
電話番号 097-533-4500
住所 〒870-0036 大分県大分市寿町2番1号
アクセス 大分空港から
〇空港特急バスエアライナー乗車約1時間、大分駅前下車

JR大分駅から
〇JR大分駅府内中央口(北口)から徒歩15分
〇JR大分駅前7番乗り場から、大分交通バス 青葉台線(田室町経由)23番、24番/県立図書館線(田室町経由)3番/スカイタウン高崎線(西春日町経由)8番に乗車、「オアシスひろば前」下車徒歩すぐ
〇JR大分駅府内中央口7番乗り場、またはJR大分駅上野の森口前から、中心市街地循環バス「大分きゃんバス」に乗車、「オアシスひろば前(県立美術館南)」下車 ペデストリアンデッキ 徒歩1分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.opam.jp/exhibitions/detail/779

展示内容・解説

京都の名刹・相国寺は、1382(永徳2)年に夢窓疎石を開山として、室町幕府3代将軍の足利義満が創建した寺院です。金閣(鹿苑寺)、銀閣(慈照寺)、大光明寺は、相国寺の塔頭寺院として知られています。大本山相国寺をはじめとしたこれらの寺院は、日本文化を代表する貴重な文化財を数多く守り伝えてきました。
本展覧会では、禅画や墨蹟、唐物や茶道具などの美術工芸品の他、雪舟、千利休、長谷川等伯、狩野探幽、伊藤若冲、円山応挙、本阿弥光悦、野々村仁清、尾形乾山ら、室町から江戸期の巨匠や、さらには大分県日田市出身の日本画家・岩澤重夫の金閣寺客殿障壁画まで、選りすぐりの寺宝をご紹介します。日本文化が誇る「美」の世界を存分にご堪能ください。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP