町人と百姓の江戸時代 ~私たちの歴史がここにある~

会期終了

Information

 
会期2022年10月21日〜2022年11月27日
会場 八代市立博物館未来の森ミュージアム
入場料 一般 800円(640円) 高大生 500円(400円)
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳などをご提示の方は無料
*11月3日(木・祝日・文化の日)は無料開館
*中学生以下は無料 *常設展示もご覧いただけます
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日
電話番号 0965-34-5555
住所 〒866-0863  熊本県八代市西松江城町12-35
アクセス ■最寄の公共交通機関
JR鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道八代駅・・・博物館まで約3km
九州新幹線新八代駅・・・約7km。
新幹線新八代駅からタクシーで約1440円(約15分)

■バスご利用の方は
『検察庁・法務局・市博物館前』(博物館目の前)
『北荒神町福祉センター前』(徒歩2分)
『八代市役所前』(徒歩5分)
地図 Google MAPで見る
公式HP http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2022/2022_at.html

展示内容・解説

近年、歴史研究の場では、町人・百姓に焦点をあてた研究がさかんに行われ、生き生きとした町人・百姓像が提示されています。しかし、展覧会という展示の場では、武士を主役に取り上げることが多く、町人・百姓は脇役になりがちです。当館でも、藩主や城主を主役にすえた展覧会は数多く開催してきましたが、町人・百姓に主眼を置いた展覧会はほとんど開催してきませんでした。そこで今回は、町人・百姓の活動から、江戸時代の社会をとらえてみたいと思います。
 元和8年(1622)に八代城(松江城)が竣工すると、その城下には町が形成されました。これを八代町といいます。八代町は熊本城下の熊本町と同様、商売を認められた商業特区であったため、そこに暮らす町人はさまざまな商いを営みました。
 一方、八代地域の大半を占める農村には、4万人を超える百姓が居住し、さまざまな農作物を生産しました。彼らが生産する米をはじめとした農作物は、藩の財政を支えるとともに、町に暮らす武士と町人の生活を支えました。  このように、八代地域には町と村の双方があって、町人と百姓が活動していたわけですが、それぞれの活動が球磨川・八代海の水上交通によって結びついていたところに八代地域の特徴があります。たとえば、球磨川沿いの山間部に住む百姓は、球磨川舟運を利用して木材をはじめとする山の産物を八代町に運び、これを町の商人に売ることで利益を得、八代町の商人は、百姓から買い取った産物を廻船で別の地域に運び売りさばくことで利益を得ました。八代は、町と村の活動が水上交通によって結びつくことで繁栄した地域だったのです。
 本展では、熊本県内に残る古文書、絵画などの諸資料から、八代地域の町と村、そこに暮らした人々の活動を紹介し、生き生きとした町人・百姓像を提示してみたいと思います。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP