名品展Ⅱ ー中国陶磁ー

会期中

Information

 
会期2022年11月21日〜2022年12月29日
会場 戸栗美術館
入場料 一般 1,500円 / 高大生 500円
※中学生以下は入館料無料。
開館時間 10:00~17:00(入館受付は16:30まで)
※金曜・土曜は10:00~20:00(入館受付は19:30まで)
休館日 月曜日・火曜日、開館記念日にあたる11月21日(月)・22日(火)は開館。
電話番号 03-3465-0070
住所 〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-11-3
アクセス 渋谷駅ハチ公口より徒歩15分  
京王井の頭線神泉駅北口より徒歩10分
地図 Google MAPで見る
公式HP http://www.toguri-museum.or.jp/tenrankai/next.php

展示内容・解説

「中国の陶磁は世界の宝物。なかでも官窯のきれいなものがいい」。当館創設者 戸栗 亨(とぐり とおる/1926〜2007)は伊万里焼や鍋島焼などの日本の磁器を数多く蒐集しましたが、冒頭の言葉にあらわれているように中国陶磁にも高い関心を持ち、優品の取得に尽力しました。
 景徳鎮官窯(けいとくちんかんよう)の作例の中でも、とりわけ愛好していたのが青花(せいか)です。青花とは、コバルト顔料による釉下彩の技法。元(げん)時代後期にあたる14世紀に景徳鎮窯で確立され、明(みん)時代前期に開始される官窯でも受け継がれました。美しい白地に映える清廉な青色、端正な筆致、時代の趣を反映した雄渾さや優美さを備えた文様構成など、完成された姿に感じ入るところがあったのでしょう。
 今展では、館蔵の明時代前期の景徳鎮官窯の青花をはじめとした中国陶磁約80点を、15年振りに一挙公開いたします。戸栗の審美眼によって精選されたコレクションをご高覧ください。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP