私が集めたカメラの歴史 高島鎮雄・私的カメラコレクション

会期中

Information

 
会期2022年10月25日〜2023年1月29日
会場 日本カメラ博物館
入場料 一般 300 円、中学生以下 無料
団体割引(10名以上)一般 200 円
開館時間 10:00~17:00
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日) 年末年始 2022年12月26日(月)~2023年1月4日(水)
電話番号 03-3263-7110
住所 102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル
アクセス 東京メトロ◎半蔵門線半蔵門駅下車 4 番出入口より徒歩 1 分
東京メトロ◎有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
都営バス「都03 (四谷駅 - 半蔵門 - 日比谷 - 銀座四 - 晴海埠頭)」
都営バス「宿75 (新宿駅西口 - 東京女子医大前 - 四谷駅前 - 半蔵門 - 三宅坂)」
半蔵門停留所下車 徒歩 4 分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.jcii-cameramuseum.jp/museum/2022/08/23/32069/

展示内容・解説

日本カメラ博物館(館長 谷野啓)では、2022年10月25日(火)から2023年1月29日(日)まで、特別展「私が集めたカメラの歴史 高島鎮雄・私的カメラコレクション」を開催します。

高島氏は、1959年にモーターマガジン社に入社、1962年には二玄社で自動車雑誌『CARグラフィック』(現『CG』)の創刊に関わり、自動車ジャーナリズムの草分けとして日本人の自動車知識向上に大きな貢献をはたしました。2000年に独立後は、自動車、時計、カメラなどの分野でフリージャーナリストとして活動し、2017年には自動車業界への長年の功績が認められ、日本自動車殿堂より殿堂者として表彰を受けています。

カメラの分野では、クラシックカメラ研究家として機種や歴史の研究や執筆、啓蒙活動などを行うほか、コレクターとしてカメラ収集にも半生を捧げてきました。これまでに収集したクラシックカメラは数千点にものぼり、特に19世紀から20世紀中期までのコレクション群は、カメラ史を物語る貴重な史料といえるものです。

今回の展示では、高島氏協力のもと、そのコレクションから厳選した約200点を、高島氏の解説とともに紹介いたします。

また開催期間中には、高島氏を講師に迎え11月12日(土)14時から講演会「私が集めたカメラの歴史」を開催する予定です。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP