中国 島根の美術館(3件)
  • 島根県立美術館

    (Shimane Art Museum)
    museumname
    松江市の宍道湖畔に建つ県立美術館。島根県立博物館の財産を継承して1999年に開館し、「水」を主題とする絵画表現と島根の美術というテーマの下、日本の絵画、19世紀のフランス絵画、現代彫刻まで、6
    〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5
  • 島根県立石見美術館

    (Iwami Arts Museum)
    museumname
    島根産の赤い石州瓦の切り妻屋根が目印の「島根県芸術文化センター グラントワ」内にある県立美術館。津和野出身の文豪・森鴎外ゆかりの作品として、親交のあった黒田清輝や藤島武二の洋画、石見地方ゆかりの狩野松栄や雲谷等益の日本画のほか、岸田劉生や東郷青児の絵画も所蔵。また、ファッションをテーマに服飾関連資料や関連する現代美術作品も収集しており、世界的なファッションデザイナーである森英恵やイブ・サンローラン、ガブリエル・シャネルなどの衣装のコレクションにも注目です。古代から現代までを横断的なテーマで取り上げる企画展や、それに付随したプログラムやトークイベントなども充実しています。車椅子や杖、ベビーカーの貸し出しも行っています。
    〒698-0022 島根県益田市有明町5-15
  • 足立美術館

    (Adachi Museum of Art)
    museumname
    島根県の実業家・足立全康が1970年に安来市に開館した美術館。足立がわずか一代で作り上げたコレクションは、その柱として横山大観の作品を日本最多の130点収蔵するほか、近代日本画壇を象徴する橋本関雪、川合玉堂、竹内栖鳳、上村松園らの作品のほか、北大路魯山人、河井寛次郎の陶芸、平櫛田中の木彫なども収蔵。足立美術館は「日本庭園と日本画の調和」を運営方針に掲げており、美術館の周りに広がる壮麗かつ広大な日本庭園は四季折々の自然の美を表し、海外からも高い評価を得ています。フランスの旅行ガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では同館の日本庭園が、山陰エリア唯一となる三つ星(最高評価。わざわざ旅行する価値がある)を獲得しました。地方でありながら年間50万人を超える来訪者を誇る美術館です。
    〒692‐0064 島根県安来市古川町320
  
>