ドクメンタ

Documenta

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/documenta.jpg

ドクメンタは、ドイツのヘッセン州にあるカッセル市で開催されている国際美術展です。第1回展が開催されたのは1955年で、その後も4~5年おきに開催されています。

ナチスの文化政策によって、ドイツにおける美術の発展はヨーロッパのほかの国々から大きく遅れを取っていました。このため、ドイツで花開いた新しい美術を復活させることを目的に、第1回展ではナチス・ドイツに「退廃芸術」の烙印を押されて迫害を受けた、モダンアートが展示されました。
第2回展ではアメリカにおけるモダンアートも展示され、その後も最新の現代美術を紹介する傾向を続け、現在ではヴェネツィア・ビエンナーレとならぶ、国際的にも重要な現代美術展となっています。

その一方で、ヴェネツィア・ビエンナーレが国単位の出展形式をとっているのに対し、ドクメンタはひとりのディレクターが全参加アーティストの人選を行います。ディレクターは回ごとに異なり、その回のテーマもまたディレクターが選びます。
また、ヴェネツィア・ビエンナーレにはオリンピック的な要素があるのに対し、ドクメンタには授賞制度がありません。

ドクメンタはほかの国際美術展のように無作為に新しい作品を展示する場ではなく、時代の最先端をリードする方向性を指し示す展示会ともいえ、ディレクターの責任は重大です。このため、ディレクターが数人のキュレーターを集めてチームを組むこともあります。

関連アーティスト
アーノルド・ボーデ,ハラルド・ゼーマン,パブロ・ピカソ,ピエト・モンドリアン,ジャン(ハンス)・アルプ,アンリ・マティス,ヨーゼフ・ボイス,ゲルハルト・リヒター,アンディ・ウォーホル,アイ・ウェイウェイ,アピチャッポン・ウィーラセタクン,ライアン・ガンダー,田中敦子,河原温,舟越桂,川俣正,大竹伸朗