モニュメント

Monument

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/e1d834b97602d4a6609c07011a036746.jpg

モニュメントというのは記念碑のことで、何かを記念したり称えるために作られた建造物の総称です。特定の人物を記念して作られた銅像もあれば、パリのエトワール凱旋門のように戦いに勝利した記念に作られた建造物もあり、その規模はさまざまです。
古代エジプトのピラミッドや、戦没者の追悼施設などもまたモニュメントのひとつ。一般的には規模が大きく堂々としており、ある種の品位が求められます。

モニュメントの多くは、人々の目に広くさらされる公園や広場に設置されるため、天候に左右されず耐久性の高いものでなければいけません。
また、モニュメントには高いモニュメンタリティ(記念性)が要求されるため、銅像をはじめ巨大な建造物にも「芸術作品」としての要素が強いものも数多くあります。

1970年に大阪で万博が開催されることが決まったとき、テーマ展示のプロデューサーを任された岡本太郎が、万博のシンボルとして作った作品「太陽の塔」は、あまりにも有名なアートモニュメントで、現在も大阪のシンボルとなっています。
「太陽の塔」は高さ70m、幅25mの巨大な塔で、塔の上部にある顔についている目は、日没とともに光る仕様になっていました。

モニュメントの歴史は古く、モニュメントが果たす役割は時代と共に次第に変化しており、現在では、モニュメントの存在が街のイメージをつくりあげるほか、ランドマークにもなっています。

関連アーティスト
ウラジーミル・タトリン,岡本太郎
関連作品