新古典主義

Neoclassicism

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/640px-Jean_Auguste_Dominique_Ingres_La_Grande_Odalisque_1814.jpg

新古典主義は、18世紀中後半から19世紀にかけて主流となった芸術様式です。バロックやロココなど、それまでの装飾的な美術様式に反するように、確固とし、重みのあるギリシャ芸術などの古典を手本に作られました。その要因のひとつに、ポンペイなどの遺跡が発見されたことがあります。ここから古代への関心が高まり、新古典主義へと影響を与えました。人々は再度ギリシャ・ローマの様式を学習し直し、形式的で写実的な美を追求していきます。そしてそれがアカデミーの規範ともなっていきました。また、フランス革命やナポレオン・ボナパルトにより、英雄主義的な主題を描く新古典主義はさらに人気を高めます。代表的な画家は、ダヴィッドやアングルなどがあげられます。彼らは、華美で官能的なロココ主義や、過度に躍動するバロック様式へのアンチテーゼとして、デッサンと形を重視し、理性を描く普遍的価値を表現することを理想としました。同時代、表現者自身の感覚を重視して作画するロマン主義(ロマン派)がはじまり、新古典主義とは真正面から対峙しました。

関連アーティスト
ジャック=ルイ・ダヴィッド,ドミニク・アングル,フランソワ・ジェラール,アントワーヌ=ジャン・グロ

関連記事

「新古典主義」とは?代表的な画家と作品を解説

「新古典主義」とは? ギリシャやローマの古典芸術の復興ともいえる「新古典主義」は、18世紀半ばから19世紀初めにローマを中心にヨーロッパ全土で興った美術や建築の潮流です。 新古典主義が広まる前には、ルネサンス後の16〜17世紀に

美術館にへ行く前に!知っておきたい西洋美術史

  これだけは知っておきたい! 西洋美術史の基礎知識 有名絵画の来日などで話題になる美術展。 海外旅行では必ずツアーに組み込まれている美術館。 会社によっては内覧会に招かれたりと、美術の知識はビジネスマンや大人の教養