パフォーマンスアート

performance art

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/yokoono_06.jpg

パフォーマンスアートは視覚芸術の一種で、芸術家が自分の身体を作品のテーマにしたアートです。
パフォーマンスアートが絵画や彫刻といったほかの芸術と大きく異なる点は、パフォーマンスを見る観客がいてはじめて作品が成り立つという、特殊な要素があること。パフォーマンスアートは、時間、場所、パフォーマー、観客という4つの要素によって構成されており、観客は受け身の姿勢で見ているだけではなく、パフォーマーに参加や手助けを頼まれるなどして、パフォーマンスに巻き込まれることもあります。

パフォーマンスアートという言葉が使われるようになったのは1960年代で、当初は1950年代に起こった「ハプニング」というアートの動向を指して用いられました。ハプニングは、ギャラリーや街なかで行われる、非再現的かつ1回性の強い表現方法で、創始者のアラン・カプローはハプニングを「決まった時間と空間の中で演じる表現芸術」と位置づけており、演劇にきわめて近い要素があります。
このため、広い意味では演劇や音楽のコンサート、サーカスなども一種のパフォーマンスアートと言うことができ、やがてパフォーマンスアートという言葉は主に「アート」の分野でのみ用いられるようになりました。
現在では、ボディアート、フルクサス、メディアアートなどを指してパフォーマンスアートと呼んでいます。

パフォーマンスアートでは、パフォーマーは演劇のようにキャラを「演じる」のではなく、パフォーマンスを「行う」ことに徹します。パフォーマンスの内容や時間にルールはなく、ごく短時間のものもあれば、何時間にも及ぶものもあります。即興で行われることもあれば、入念に構成が練られているパフォーマンスもあります。
パフォーマンスアートは、大勢の観客に同時にその表現(作品)を見せることが出来るため、前衛的なアーティストの芸術観を瞬時に広めるのに適しているほか、既存の概念を見直すきっかけにもなっています。

関連アーティスト
ヨーゼフ・ボイス,アラン・カプロー,トリスタン・ツァラ,フルクサス,オノ・ヨーコ,マシュー・バーニー,シンディ・シャーマン,ジャクソン・ポロック,イブ・クライン,白髪一雄,田中敦子,contact Gonzo