ロココ美術

Rococo Art

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/1280px-Fragonard_The_Swing-e1491925914709.jpg

ロココ美術はバロック美術の次代を担った美術様式です。18世紀のフランス、ルイ15世の時代に始まりました。「ロココ」というのは、岩を意味する「ロカイユ」から名付けられました。バロック様式の庭園に多く見られた貝殻入りの洞窟から、その曲線を多く用いる繊細な装飾をロココと呼ぶようになったのです。ロココは、美術はもちろん、建築や家具など、文化をあらわす言葉としても使われています。とくにルイ15世の愛妾だったポンパドゥール夫人のサロンなどが、ロココの最盛期といえるでしょう。その特徴は、優美で甘美、軽快で明るい色使いなどです。有名な画家に、アントワーヌ・ヴァトー、フランソワ・ブーシェ、ジャン・オノレ・フラゴナールなどがいます。とくにヴァトーは「シテール島への巡礼」で優美な男女が集う雅宴画(フェート・ギャラントともいいます)を確立するなど、時代の先駆者になりました。またこの時代は、1725年に第一回サロン・ド・パリが行われるなど、アカデミーが力を持ち、美術が大衆へと広まった時代でもあります。同時に美術批評がはじまり、哲学者でもあったディドロは、ブーシェやナティエの作品を軽佻浮薄で官能的な刺激が強すぎると評しています。

関連アーティスト
アントワーヌ・ヴァトー,フランソワ・ブーシェ,ジャン・オノレ・フラゴナール,モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール

関連記事

美術館にへ行く前に!知っておきたい西洋美術史

  これだけは知っておきたい! 西洋美術史の基礎知識 有名絵画の来日などで話題になる美術展。 海外旅行では必ずツアーに組み込まれている美術館。 会社によっては内覧会に招かれたりと、美術の知識はビジネスマンや大人の教養

「ロココ美術」とは?代表的な画家と作品を解説

「ロココ美術」とは? ピンクや小花模様などを効果的に使って描かれた美しい女性たちが印象的なロココ美術。当時の世相を反映した、美術の歴史の流れの中で最も優美で華のある時代といってもいいでしょう。 ロココ美術は1700年代、豪奢を極