SANAA

Sejima and Nishizawa and Associates        
1995年-
https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/sanaa.jpg
国籍
日本
 
アーティスト解説
SANAAは、世界的建築家・妹島和世(せじまかずよ)と西沢立衛(にしざわりゅうえ)によるユニット名です。1990年に西沢が妹島の妹島和世建築設計事務所に入所。その5年後の1995年に、SANAAを設立しました。代表作「Dior表参道」をはじめ、「金沢21世紀美術館」や「熊野古道なかへち美術館」「ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート」「ルーブル美術館分館」など主要な美術館建築を担当。2010年には建築界のノーベル賞と称される「プリツカー賞」を受賞しました。SANAAの建築の特徴は、建築の構成における個々の要素をフラットに並列し空間に主従関係を作らないこと、ガラスを効果的に使うことで屋内を周囲のランドスケープや自然、光と継ぎ目なく緩やかに連続させることです。これらの特徴はしばしば海外から「日本的」であると評価されてきました。「金沢21世紀美術館」は、芝生の敷地中央に位置し、円形の総ガラス張りで正面といえる面がありません。兼六園方面、香林坊方面、柿木畠方面などどの方向からも入場できるうえに、無料入場できる範囲を広く取っているので、多くの作品に無料アクセスすることができます。このような開かれた構造と自由な動線、展示室の使い方の自在さに、SANAA の特色が顕著に表れています。SANAAはこの設計で、ヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展の最高賞である金獅子賞を受賞しました。
経歴

    1981年 妹島和世、日本女子大学大学院を修了し伊東豊雄建築設計事務所に入所。

    1987年 妹島和世建築設計事務所設立。

    1990年 西沢立衛、横浜国立大学大学院を修了し妹島和世建築設計事務所に入所。

    1995年 妹島和世と西沢立衛、SANAA設立。

    1996年 「岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー・マルチメディア工房」により、日本建築学会賞作品賞受賞。

    1997年 西沢立衛建築設計事務所設立。

    2004年 「金沢21世紀美術館」により、イタリアヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展金獅子賞受賞。

    2005年 「金沢21世紀美術館」により、毎日芸術賞受賞。

    2006年 「金沢21世紀美術館」により、日本建築学会賞作品賞受賞。

    2010年 プリツカー賞受賞。

    2013年 「ルーブル美術館分館」により、銀の定規賞受賞。

関連ページ