接吻

The Kiss

グスタフ・クリムト

作品解説
クリムトの作品中もっとも有名な作品がこの「接吻」です。クリムトのクリムトの「黄金時代」を代表する作品であり、彼が中心となって牽引していたウィーン分離派、ウィーン・アール・ヌーヴォーの代表的な作品でもあります。1908年の総合芸術展「クンストシャウ」で大好評を博し、展覧会終了と同時にオーストリア政府の買い上げとなりました。完全な正方形のキャンバスに抱き合う男女が描かれ、彼らの体はアール・ヌーヴォーや初期アーツ・アンド・クラフツ運動で見られた有機的なフォルムと輪郭線、模様に埋められたローブで表現されています。またクリムト作品に特徴的な金箔が、何層にも重ねられています。二人の男女は幸福の中に没頭しているように見えますが、その立つところは不安定で、見る者に一種の不安を与えます。愛の危うさを描いているようでもあり、当時の退廃的なウィーンの雰囲気と刹那の快楽を追求するウィーンの人々の精神状態を、男女の愛に置き換えて視覚的に表現したものであるとも言われています。
制作年
1907年-1908年
 
素材/技法
油彩
 
制作場所
オーストリア