象徴主義

Symbolisme

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/400px-John_Everett_Millais_-_Ophelia_-_Google_Art_Project.jpg

象徴主義は自然主義などへの疑問から1870年ごろに台頭した芸術運動です。美術のみならず、文学など広範囲に渡って広まりました。抽象的な概念をどう表現するか、がテーマで、美術においては、アカデミズムに反する動きとして人間の内面や神秘を象徴的に表現しようとしました。その代表格がギュスターヴ・モローです。同じ象徴主義の作家ユイスマンスは著書『さかしま』のなかでモローの作品に言及しています。イギリスでは、19世紀半ばに結成されたラファエル前派が中世への憧憬から独自の唯美主義的美術を作り、独自の発展を遂げています。ベルギーでは1883年に開催された「20人展(Les XX(レ・ヴァン))」などにより、象徴主義が知られるようになりました。アール・ヌーヴォーをはじめとする世紀末芸術にも大きな影響を与え、混合した様式が見られるところもあります。また、ベル・エポックの画家として有名なミュシャは、後年故郷のチェコに帰り、象徴主義的な大作『スラヴ叙事詩』を作成しています。

関連アーティスト
ギュスターヴ・モロー,ポール・ゴーギャン,ジョン・エヴァレット・ミレー,ウィリアム・モリス,オーブリー・ビアズリー,アンリ・ファンタン=ラトゥール,ジェームズ・アンソール,フェルディナント・ホドラー,アルフォンス・ミュシャ,エドヴァルド・ムンク

関連記事

美術館にへ行く前に!知っておきたい西洋美術史

  これだけは知っておきたい! 西洋美術史の基礎知識 有名絵画の来日などで話題になる美術展。 海外旅行では必ずツアーに組み込まれている美術館。 会社によっては内覧会に招かれたりと、美術の知識はビジネスマンや大人の教養

「象徴主義」とは?代表的な画家と作品を解説

「象徴主義」とは? 象徴主義とは、19世紀後半にフランスとベルギーで起こり、ヨーロッパ全土とロシアに波及した芸術運動です。この運動は文学から始まり、音楽、そして美術と広範に及びました。 「象徴主義」という言葉は、フランスで活動し