澗松美術館

Gansong Art Museum

澗松美術館

澗松美術館は朝鮮の美術工芸品や古書の国外流失を恐れた故・全鎣弼(チョン・ヒョンピル)が個人で蒐集した作品をもとに1938年に設立した、韓国初の私立美術館。 設立当時は「ポファガク(葆華閣)」という名前でしたが、1966年に「澗松(カンソン)美術館」という現在の名称に変わりました。 国宝12点、宝物10点の他に、ソウル市有形文化財4点を保有しており、所蔵品は東大門デザインプラザ(DDP)にて企画展示。 収蔵品の質・量ともに韓国第一級の充実さをほこっています。

開館時間
10:00~19:00(金・土曜日は21:00まで)
定休日
月曜日
入館料
展示会ごとに異なります
TEL
070-7774-2524
URL
http://kansong.org/
住所
ソウル特別市 中区 乙支路 281 (乙支路7街)、DDPペウムト2階デザイン博物館
서울특별시 중구 을지로 281 (을지로7가), DDP 배움터 2층 디자인박물관
地図
所蔵作品
・国宝、訓民正音、1446年
・国宝、ギェミ人形銅三尊立像、563年
・国宝、青磁キリン有蓋香炉、12世紀前半
・宝物、キムホンド(金弘道)「過労陶器」、18世紀
・宝物、鄭敾 「清風系」、18世紀 (清風渓)
・宝物、シン・ユンボク(申潤福)「美人図」
・アン・ジュンシク(安中植)「ノクジュク小組」