マウリッツハイス美術館

Mauritshuis

マウリッツハイス美術館

マウリッツハイスは、オランダのデン・ハーグにある美術館です。正式名称はマウリッツハウス王立美術館。それほと大きな美術館ではありませんが、収蔵品は珠玉のものが多いです。開館は1822年。展示品にはレンブラント『テュルプ博士の解剖学講義』や、フェルメール『デルフトの眺望』、『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』と、美術ファンなら逃せない垂涎ものの作品が多々あります。フェルメールの作品は全世界で35点。そのうち3点がここにあるんですよ。また、デン・ハーグという街もかわいく、整った街並みにトラムが走っていて、しかもゴミが落ちていないようなきれいな街並みなんです。もしマウリッツハイスを訪れるのであれば、デン・ハーグに一泊するのもおすすめです。

開館時間
月曜日:13 am - 6 pm 火曜日~日曜日:10 am – 6 pm 木曜日:10 am - 8 pm 祝日期間中は特別時間
定休日
11/5、12/25、1/1
入館料
大人 €15.50 団体(15名以上) €14 子供(18歳以下) 無料
TEL
31 70 3023456
URL
https://www.mauritshuis.nl/nl-nl/ (英語サイトもあり) https://www.mauritshuis.nl/nl-nl/bezoekinformatie-japans/ (日本語サイト)
住所
Plein 29 2511 CS The Hague
地図
所蔵作品
レンブラント『テュルプ博士の解剖学講義』(1632年)「自画像」(1669年)他 フェルメール『デルフトの眺望』(1660 - 1661年頃)- プルーストの『失われた時を求めて』に重要なモチーフとして登場する絵画である。 フェルメール『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』(1665年頃)[11] - この絵をモチーフにしたトレイシー・シュヴァリエの小説(のちに映画化)で一躍有名になった作品。 ヤン・ステーン 「この親にしてこの子あり」(1665年頃)他