ピカソ美術館(ヴァロリス)

Musée Picasso

ピカソ美術館(ヴァロリス)

ピカソ美術館は、フランス南部プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏のアルプ=マリティーム県にある都市ヴァロリスにある国立美術館です。ヴァロリスは、地中海に近い山あいにある陶芸の町で、ピカソは、1948年から1955年までこの地に滞在し、創作活動を行いました。 ピカソの作品を多数所有していますが、特に、美術館内にある礼拝堂のアーチ状の壁面に『戦争と平和』が展示されていることから、「戦争と平和 国立ピカソ美術館」とも呼ばれています。 美術館の建物はヴァロリス城と呼ばれ、12世紀に建造された女子修道院を、16世紀にルネサンス様式の城館に改築したものです。建物内には、ピカソ美術館のほか、陶芸美術館、マニエリ美術館などが入っています。

開館時間
開館時間 10:00〜12:15、14:00〜18:00(6月15日〜9月14日)      10:00〜12:15、14:00〜17:00( 9月15日〜6月14日)
定休日
火曜日、1月1日、5月1日、11月1日、11月11日、12月25日
入館料
一般:3.25ユーロ 割引料金(16歳〜25歳):1.70ユーロ 16歳未満:無料
無料開放日
毎月第一日曜
TEL
33(0)4 93 64 71 83
URL
http://en.musees-nationaux-alpesmaritimes.fr/
住所
Place de la Libération 06220 Vallauris
地図
所蔵作品
パブロ・ピカソ 『戦争と平和』(1952) パブロ・ピカソ『世界の四つの部分』(1957年-1959年)