プラド美術館

Museo del Prado

プラド美術館

スペインが世界に誇るプラド美術館は、1785年にマドリードのカルロス3世が、自然科学に関する博物館を作ろうとしたものです。けれども結局博物館ではなく、カルロス3世の孫のフェルナンド7世 (スペイン王)が、妻マリア・イサベル・デ・ブラガンサに助言されて美術館として開館しました。コレクションの基盤はフェリペ2世とフェリペ4世。1819年には「王立美術館」としてリオープンします。1868年の革命後は「プラド美術館」と改称されました。現在は文化省所管の国立美術館で、所蔵品は主にベラスケスやゴヤ等のスペイン絵画。その他、フランドル、イタリア等の外国絵画も多く所蔵しています。スペイン王室のコレクションにフランドル絵画が多数加えられた16世紀から17世紀にかけて、フランドルはスペイン王室の領土でした。例えば同時代のルーベンスの生涯を見れば、ハプスブルク家のネーデルラント総督であったスペイン王女イサベルに仕えていたことがわかります。

開館時間
10時00分~19時30分(月~土) 10時00分~18時30分(日)
定休日
入館料
大人:15ドル 65歳以上:7.5ドル以上 25歳以下の学生、障害者など:無料
無料開放日
1月1日、5月1日、12月25日
TEL
34 91 330 28 00
URL
https://www.museodelprado.es/en (英語ページあり)
住所
Calle Ruiz de Alarcón 23,28014
地図
所蔵作品
フラ・アンジェリコ 『受胎告知』(1426頃) ヒエロニムス・ボス 『快楽の園』(1503-1504) フランシスコ・デ・ゴヤ『マドリード、1808年5月3日』(1814) ディエゴ・ベラスケス『ラス・メニーナス』(1656) アルブレヒト・デューラー『アダムとイヴ』(1507)