ビルバオ・グッゲンハイム美術館

Museo Guggenheim Bilbao

ビルバオ・グッゲンハイム美術館

ビルバオ・グッゲンハイム美術館はスペインのバスク自治州ビルバオ市にある美術館。コンテンポラリーアートが専門で、各国で美術館事業を展開しているグッゲンハイム財団の世界戦略のひとつとして1997年にオープンしました。過激で特徴的なデザインの建物は建築界の巨匠フランク・O・ゲーリーが設計したもので、現代建築の最も重要な建築物のひとつとして知られています。展示作品は、グッゲンハイム財団の現代美術コレクションから選ばれた作品に加え、大規模な作品や空間全体を作品とするインスタレーション、バスク人芸術家の作品などを特徴としています。前衛芸術、20世紀の抽象芸術、非具象芸術をメインに挑戦的かつ意欲的な展示を展開しており、時に賛否両論を呼ぶ先鋭的な美術館です。

開館時間
10:00~20:00、チケット販売は閉館30分前まで、展示室退室案内は閉館15分前から
定休日
月曜日、12月25日、1月1日
入館料
展示内容により変更、展示換えや展示室閉鎖に伴い割引料金適用あり。大人10ユーロ、シニア(年金受給者)6ユーロ、学生(26歳以下)6ユーロ。無料:子ども(12歳以下、大人同伴の場合)美術館友の会メンバー。割引:団体(20名以上)。ARTEANミュージアムパス(ビルバオ・グッゲンハイム美術館とビルバオ美術館共通)あり。
TEL
34 944-35-9000
URL
https://www.guggenheim-bilbao.eus/ https://www.guggenheim-bilbao.eus/en/(英語) https://www.guggenheim-bilbao.eus/ja/useful-information/hours-and-admission/(日本語)
住所
Avenida Abandoibarra, 2, Bilbao, Bizkaia
地図
所蔵作品
ジャン・ミッシェル・バスキア「ナポリから来た男」(1982年)ギルバート&ジョージ「覚醒」(1984年)アンゼルム・キーファー「サンシップ」(1984年)ジェフ・クーンズ「パピー」(1992年)リチャード・セラ「時間の問題」(1994-2005年)ジェニー・ホルツァー「インスタレーション・フォー・ビルバオ」(1997年)ソル・ルウィット「ウォール・ドローイング#831」(1997年)ルイーズ・ブルジョワ「ママン」(1999年)リチャード・ロング「ビルバオ・サークル」(2000年)