レンブラントの家

Museum Het Rembrandthuis

レンブラントの家

レンブラントの家は、アムステルダムで画家レンブラント・ファン・レインが1639年から20年間住んでいた家を利用した博物館・美術館です。当時は絵画制作で経済的に潤っていたレンブラント。「夜景」などもこの時期に制作されています。ところがここからがレンブラントは坂を下っていきます。1642年に妻のサスキアが亡くなり、しかもレンブラントは借金のせいで破産。家を追い出されます。1896年、オランダはこの数奇な運命にあった大画家の生誕300年を記念して、この家を保存することを決定。1911年に当時風に内装を再現、博物館としてオープンしました。無料のオーディオガイドがついているので、それぞれの部屋を、レンブラントの足跡を辿りながら楽しめます。

開館時間
月〜土曜日:10:00〜17:00 日曜日・祝日:13:00〜17:00
定休日
1/1、4/30
入館料
18歳以上:€13 6歳以下:free 6歳から17歳までの子供: € 4,00 I Amsterdam City Card利用可 無料でオーディオガイドがついてきます。
TEL
31 20 520 0400
URL
https://www.rembrandthuis.nl/en/ (英語サイトあり)
住所
Jodenbreestraat 4, 1011 NK Amsterdam
地図
所蔵作品
《夜景》が描かれたアトリエ、レンブラントが暮らした生活環境など