フィラデルフィア美術館

Philadelphia Museum of Art

フィラデルフィア美術館

アメリカ有数の所蔵数(30万点以上)を誇るペンシルバニア州のフィラデルフィア美術館。1876年に開館し、現在の年間来館者数は77万人以上。世界中の古代から現代までのあらゆる分野の美術品を所蔵し、現代アートを語る上で欠かすことのできないマルセル・デュシャンの重要作品も有しています。中世から近代のヨーロッパ絵画としてはボッティチェリ、エル・グレコ、ルーベンス、ゴッホ、セザンヌ、ロートレックなどを所蔵。日本の浮世絵から中国のプロダクトデザインまでアジアのコレクションも多く、また南アジアの仏像や仏画などの美術品にも力を入れています。フィラデルフィア美術館の屋外には映画『ロッキー』の銅像が設置されており、これは映画ロケで美術館の正面階段が使われたことを記念しており、旅行者の撮影スポットとしても人気です。

開館時間
開館時間 火曜〜日曜10:00〜17:00(水曜・金曜は20:45閉館)
定休日
毎週月曜日(祝日を除く)、独立記念日(7月4日)、サンクスギビングデー(11月第4木曜)、12月25日
入館料
入館料:大人20ドル、65歳以上18ドル、学生(要身分証)・13〜18歳14ドル、12歳以下・会員無料 ※いずれの入館料も連続する2日間有効 ※毎月第1日曜日(10:00〜17:00)と毎週水曜日の夜(17:00〜20:45)は任意料金
無料開放日
なし
TEL
215-763-8100
URL
http://www.philamuseum.org/
住所
2600 Benjamin Franklin Parkway, Philadelphia, PA 19130 U.S.
地図
所蔵作品
ルーベンス 『つながれたプロメテウス』、セザンヌ『大水浴』、マルセル・デュシャン『大ガラス』『遺作』、ゴッホ『ひまわり』