シアトル美術館

Seattle Art Museum

シアトル美術館

「SAM」の略称で知られるシアトル美術館は、ワシントン州シアトルのダウンタウン中心部にある総合美術館です。アジア、アフリカ、古代アメリカ、古代地中海、イスラム、ヨーロッパ、オセアニア、近現代美術、装飾美術、デザインなどを幅広く扱い、特にネイティブアメリカンのギャラリーとオーストラリア先住民アボリジニーの芸術品コレクションは鑑賞者の人気を集めています。2007年にアメリカの建築家ブラッド・クロエフィルの設計により増築が完成し、ロバート・ヴェンチューリ設計による既存の本館と接続されたことで展示スペースを大幅に拡大。西洋絵画ではマティス、ピサロ、レンブラントなど、現代美術ではブレナ・ヤングブロッド、村上隆、アイ・ウェイウェイなどを所蔵しています。

開館時間
開館時間 水曜・金曜〜日曜10:00〜17:00、木曜10:00〜21:00
定休日
毎週月曜・火曜日、サンクスギビングデー(11月第4木曜)、12月24日・25日
入館料
大人19.95ドル、65歳以上17.95ドル、学生(要身分証)・13〜17歳12.95ドル、12歳以下・会員無料 ※特別展は都度料金が異なる
無料開放日
毎月第1木曜日(常設展のみ。特別展は半額)
TEL
206-654-3100
URL
http://www.seattleartmuseum.org/
住所
1300 1st Ave, Seattle, WA 98101 U.S.
地図
所蔵作品
アンリ・マティス『セーヌ川の冬景色』、ブレナ・ヤングブロッド『X』、村上隆『フラワーボール』、アイ・ウェイウェイ『カラード・ベース』