テート・ブリテン

Tate Britain

テート・ブリテン

1889年、実業家だったヘンリー・テートが自らのコレクションをナショナル・ギャラリーに寄贈しようとしました。これがテート・ブリテンのはじまりです。当初はナショナル・ギャラリーが手狭だからと、別館としてナショナル・ギャラリー・オブ・ブリティッシュアートとしてオープン。一般公開は1897年からです。これまでの改修回数はなんと7回。テート・ブリテンが手狭になり、20世紀以降の作品を展示するテート・モダンを設立。国立美術館ネットワーク「テート」は他にテート・リバプール、テート・セント・アイヴスなどがあります。コレクションはブリティッシュの芸術家作品を中心に約7万点。また、テート・モダンとは40分ごとにシャトルボートが運航されています。

開館時間
10:00-18:00 (第1金曜日のみ22:00まで)
定休日
12/24、12/25、12/26
入館料
無料 ※特別展は有料
TEL
44 20 7887 8888
URL
http://www.tate.org.uk/visit/tate-britain
住所
Millbank, London
地図
所蔵作品
ホガース『自画像』(1745年) ターナー『自画像』(1798年頃) J.E.ミレー『オフィーリア』(1852年) バーン=ジョーンズ『黄金の階段』(1880年) ウィリアム・ホルマン・ハント『良心の目覚め』(1853年) ロセッティ『受胎告知』(1850年) ロセッティ『ベアタ・ベアトリクス』(1861-70年頃)