トレチャコフ美術館

Tretyakov Gallery

トレチャコフ美術館

トレチャコフ美術館は、1851年にトレチャコフ兄弟が開いた美術ギャラリーから始まった美術館です。 トレチャコフ兄弟によりロシアの様々な芸術家の作品が収集され、現在ではロシアを代表する国立美術館の一つとなりました。 コレクションは13万点にも及び、11世紀以降のロシア美術の傑作を収蔵する、ロシア最大級の美術館でもあります。 特にアンドレイ・ルブリョフの『至聖三者』や、クラムスコイの『見知らぬ婦人』など、見逃せない作品が多いです。 また、美術館の建物は赤と白を基本とし、まるで童話の中から出てきたようで建物自体も楽しむことができます。

開館時間
火曜・水曜・日曜日:10:00 ~18:00 木曜・金曜・土曜日:10:00 ~ 21:00
定休日
月曜日
入館料
大人:500 ₽
18歳以下:無料
TEL
7 (495) 957-07-01
URL
https://www.tretyakovgallery.ru/en/
住所
Moscow, Lavrushinsky Lane, 119017
地図
所蔵作品
ワレンチン・セローフ『桃を持った少女』 イワン・アイヴァゾフスキー『虹』 カジミール・マレーヴィチ『バケツと女』 アレクサンドル・イワノフ『民衆の前に現れたキリスト』