ウォーカーアートギャラリー

Walker Art Gallery

ウォーカーアートギャラリー

リバプールの中心部、「北のナショナルギャラリー」と呼ばれて親しまれているウォーカー美術館は、ロンドンを除くとイギリスで最大級の規模を誇ります。19 世紀前半、地元の法律家で政治家、歴史家にして人道家であったウィリアム・ロスコーの私有美術品コレクションを基に始まり、現在は周辺の建築物と共に世界遺産にも指定されています。コレクションは14~20世紀までの主にイギリスとヨーロッパの美術品を所蔵。ルネサンス、チューダー朝時代、ヴィクトリア朝時代からラファエル前派を経て、ルシアン・フロイドやライリー、バンクシーに至る現代アーティストの作品まで、500 年の時を駆けて傑出した作品を楽しむことができます。

開館時間
10:00~17:00
定休日
12月24日、25日、26日、31日、1月1日
入館料
常設展:無料、特別展:有料。メンバーシップ制(各種優待):30ポンド~975ポンド
TEL
44 151 478 4199
URL
http://www.liverpoolmuseums.org.uk/walker/
住所
William Brown Street, Liverpool, L3 8EL, England
地図
所蔵作品
DANTE GABRIEL ROSSETT「Dante's Dream」(1871年)FREDERIC LEIGHTON「Elijah in the Wilderness」(1877-1878年)NICOLAS POUSSIN「Landscape with the gathering of the Ashes of Phocion」(1648年)JOSEPH MALLORD WILLIAM TURNER「Linlithgow Palace」(1807年)PAUL COMOLERA「Minton Peacock」(1873年)DAVID HOCKNEY「Peter Getting Out of Nick's Pool」(1966年)ERCOLE DE' ROBERTI「Pieta」(1482-1486年)HARMENSZ VAN RIJN REMBRANDT「Portrait of the Artist as a Young Man」(1629-1631年)ROSE WYLIE「PV Windows and Floorboards」(2014年)JOHN GIBSON「Tinted Venus」(1851-1856年)