ホイットニー美術館

Whitney Museum of American Art

ホイットニー美術館

マンハッタンのウェストヴィレッジにあるホイットニー美術館は1931年、アメリカの彫刻家ガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニーによってニューヨークで創立されました。現在の建築はイタリアの建築家レンゾ・ピアノが設計。ホイットニー美術館の特徴は、アメリカの近代〜現代アート作品を中心にコレクションしていること。アンディ・ウォーホル、ジャスパー・ジョーンズ、ジョージア・オーキフから、ジャン・ミシェル・バスキア、イサム・ノグチまで多彩なアーティストの作品を所蔵しています。2年に一度「ホイットニー・ビエンナーレ」という独自のアートイベントを開催し、若手作家などを中心に新たな才能を発掘し、過去にジャクソン・ポロックなどの傑出した才能を世に送り出しています。

開館時間
開館時間 日曜〜月曜・水曜・木曜10:30〜18:00、金曜・土曜10:30〜22:00
定休日
毎週火曜日、その他の休館日はウェブサイトを参照
入館料
大人25ドル、学生・シニア・障害者18ドル、18歳未満無料、毎週金曜19:00〜22:00は任意料金 ※全てのチケットは前夜までに要オンライン購入 ※10人以上の団体は各種割引料金あり
無料開放日
なし
TEL
212-570-3600
URL
https://whitney.org/
住所
99 Gansevoort Street, New York, NY 10014 U.S.
地図
所蔵作品
アンディ・ウォーホル『緑のコカコーラ瓶』、ジャスパー・ジョーンズ『三つの旗』、イサム・ノグチ 『ハンプティ・ダンプティ』、ジョージア・オキーフ『白いアメリカシャクナゲ』