ベルギーの美術館(6件)
  • マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館

    (Museum Mayer van den Bergh)
    museumname
    美術品蒐集家であった貴族フリッツ・マイヤー・ファン・デン・ベルフの個人コレクションを展示する美術館です。彼は1901年に43歳で早逝しましたが、死後に母ヘンリエットにより建てられた邸宅にコレクションが移され、1904年からコレクションともども一般公開されることとなりました。その邸宅はネオ・ゴシック様式の美しい建物で、近代的な美術館とはまた違った趣の中、美術作品を堪能することができます。14世紀から16世紀にわたる絵画や彫像、写本、タペストリー、ステンドグラス、調度品などを主に収蔵し、フランドル絵画の逸品が並びます。中でもブリューゲルの有名な絵画は見るものを圧巻する素晴らしさです。
    Lange Gasthuisstraat 19, 2000 Antwerpen
  • アントワープ王立美術館

    (Royal Museum of Fine Arts Antwerp)
    museumname
    19世紀に建てられたアントワープ王立美術館は、コレクションの保全・管理・拡張をミッションとし、作品の研究と展示を行っている、政府機関の博物館です。
    フランダースの重要な画家の作品を所蔵しており、特にルーベンスのコレクションが充実していることで知られています。
    1890年に開館したこともあり建物の老朽化が進んでいたため、2011年から修復・拡張工事にとりかかり、現在は閉館中。2020年にも及ぶ大がかりな工事が進行中です。
    Leopold de Waelplaats 2, 2000 Antwerpen,Belgie
  • ベルギー王立美術館

    (Musées royaux des beaux-arts de Belgique)
    museumname
    ベルギー王立美術館は、1803年に正式にオープン。200年以上の歴史を誇るヨーロッパでも歴史の古い美術館です。部門は4つ。メインは15世紀から18世紀までの作品を収めた古典美術館 と19・20世紀の作品を収めた近代美術館 で、所蔵作品は2万点以上を数えます。場所柄、特にフランドルの画家達の作品が多く、ピーテル・ブリューゲルやロヒール・ファン・デル・ウェイデン、ロベルト・カンピン、ピーテル・パウル・ルーベンス等の作品が目玉です。隣にはマグリット美術館があり、共通チケットも。一つひとつじっくり回ってフランドルの芸術の真価を見るのも、有意義な美術館賞になりますね。
    Rue du Musée 9 / Museumstraat 9 - 1000 Brussels
  • グルーニング美術館

    (Groeningemuseum)
    museumname
    グルーニング美術館は、ベルギーのブルージュにゆかりある画家の作品を集め、1930年に修道院跡に設立されました。 15世紀の初期フランドル派の作品を中心に、ルネサンス、バロック、新古典派、象徴主義など、ベルギーの絵画作品を近現代に至るまで幅広く所蔵しています。 中でも、ヤン・ファン・エイクの『ファン・デル・パーレの聖母子』は見逃せない作品で、豪華ながらも緻密な描写は必見です。
    また、美術館巡りの合間に一休みできるオブジェのある中庭では、街全体が世界遺産であるブルージュを堪能することができます。
    Dijver 12, Brugge
  • ゲント美術館

    (Museum of Fine Arts Ghent )
    museumname
    ゲント美術館は、1798年に設立された、ベルギーで最も古い歴史をもつ美術館のひとつです。 14~20世紀前半のフランドル美術を中心にベルギー出身画家の作品を多く所蔵しています。
    特に、ヒエロニムス・ボスの2枚の傑作「十字架を背負うキリスト」「祈りを捧げる聖ヒエロニムス」を初めとする初期フランドル絵画の傑作と19世紀以降のベルギー近代絵画の名作が見どころ。
    Fernand Scribereef 1 ,9000 Gent
  • リエージュ近代美術館

    (Le Musée d'Art moderne et d'Art contemporain de la Ville de Liège)
    museumname
    リエージュ近代美術館は1905年に開催されたリエージュ万国博覧会の会場、パレ・デ・ボザール(宮殿美術館)を元に創設されました。 1993年にはリニューアルオープンされ、その後も定期的に改修を行っています。
    印象派にはじまり、象徴主義・表現主義・シュルレアリスムなど、絵画や彫刻を所蔵しており、宮殿美術館が所蔵していた1850年~現在に至るまでの絵画・彫刻を展示しています。
    Parc de la Boverie 3,4020 Liège
  
>