コンセプチュアル・アート

Conceptual art

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/damienhirst.jpg

コンセプチュアル・アート(Conceptual art)は、1960年代から1970年代にかけて世界的に行われた前衛芸術運動のことを指し、イデア・アート (Idea art) とも呼ばれています。
日本語では「概念芸術」とも訳され、作品の概念や観念的側面を重視するため、言語はもっとも重要な媒体になりうるものであり、批評家のL・リパードはこの傾向を「芸術作品の非物質化」とも定義しています。
芸術作品とは芸術家がつくった物質的な物ではなく,概念そのもののうちにあるとする考えで、制作のための文章や図版,写真といった情報伝達の機能や行観念,論理,計画,比較,検討などが重視されます。
マルセル・デュシヤンの作品がその起源であると考えられており、デュシャンは従来の絵画や彫刻といった形式に当てはまらないレディ・メイド(既製品)という芸術形式を掲げ、それらに対して1961年にヘンリー・フリントにより、「コンセプト・アート」という名称が初めて使用されました。
日本では河原温や荒川修作、オノ・ヨーコ、が代表的な作家として挙げられます。

関連アーティスト
マルセル・デュシャン,ロバート・ラウシェンバーグ,アンディ・ウォーホル,オノ・ヨーコ,イヴ・クライン,フルクサス,ジョセフ・コスース,ジョン・ケージ