サブカルチャー

subculture
https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/1833c53e41f2ad36de509982111610a7.jpg
サブカルチャーとは、社会の中心となる支配的な文化に対して,その社会の内部にある集団のもつ独立した文化のことを指します。
下位文化,部分文化ともいわれ、支配的文化にとって周辺的と考えられる集団の属性を実体化したものであると考えられています。
この言葉は1950年に社会学者のデイヴィッド・リースマンが使用したのが最初であると言われており、その際の「サブ」の意味は社会的マジョリティの文化・価値観から逸脱した、エスニック・マイノリティやストリートチルドレン、ゲイといった「下位集団」のことを指していました。
現在は、欧米では社会の支配的な文化(メインカルチャー)に対する、マイノリティの文化事象を指す言葉として使われています。
その一方で、日本では「ハイカルチャー対サブカルチャー」という文脈においてサブカルチャーという言説が用いられており、特に特撮やアニメ、アイドルといった趣味全般を指す言葉として使用されています。
また、日本語における「サブカル(チャー)」という語は、時に単なるマイナー趣味として捉えられたり、オタク文化と対比されたりするように、極めて曖昧に用いられています。
関連アーティスト
横尾忠則,村上隆,五木田智央
関連作品