塩田千春

Chiharu Shiota        
1972年-
https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/chiharushiota-1.jpg
国籍
日本
 
アーティスト解説
塩田千春はベルリンを拠点に活動している日本人アーティストで、記憶、不安、夢、沈黙といった形の無いものを、パフォーマンスや大規模なインスタレーションで表現しています。
塩田千春は京都精華大学洋画科に入学後、在学中にオーストラリア国立大学キャンベラスクールオブアートに留学。京都精華大学を卒業後はドイツに渡り、過激なパフォーマンスで有名なマリーナ・アブラモヴィッチや、国際的なビジュアルアーティストのレベッカ・ホーンに学びます。
塩田はその後もドイツにとどまり、ベルリンを拠点として芸術活動を展開。金沢21世紀美術館には、旧ベルリンの窓を集めて作った塩田の作品「記憶の部屋」があります。

塩田千春の作品の根幹にあるテーマは「生と死」、生きることとは何か、存在とは何かを探求しつつ、場所やものを手掛かりとして、そこに宿る「記憶」を立体や写真・映像など、さまざまな手法を用いて作品(形)にしています。
塩田千春が制作する作品のテーマは普遍的で、国や文化を問わず世界中の人々を惹きつけました。なかでも、広い空間に黒や赤の糸を張り巡らせたインスタレーションは、彼女の代表的なシリーズ作品となっています。
経歴

    1972年 大阪府に生まれる

    1993年 オーストラリア国立大学キャンベラスクールオブアートに交換留学生として留学

    1996年 京都精華大学洋画科卒業後、ドイツのハンブルク美術大学に入学

    1997年 ドイツのブラウンシュバイク美術大学でマリーナ・アブラモヴィッチに師事

    1999年 ベルリン芸術大学でレベッカ・ホーンに師事

    2001年 横浜トリエンナーレに「皮膚からの記憶-2001-」を出品

    2008年 芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞

    2008年 国立国際美術館にて個展を開催

    2010年 京都精華大学客員教授に就任

    2012年 キエフ国際現代美術ビエンナーレに出品

    2012年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて個展を開催

    2013年 高知県立美術館にて個展を開催

    2014年 スミソニアン博物館アーサー・M・サックラー・ギャラリーにて個展を開催

    2015年 第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展で日本代表に選出、「掌の鍵」を展示

    2016年 シドニー・ビエンナーレに出品

    2018年 南オーストラリア美術館にて個展を開催

    2019年 森美術館にて「塩田千春展:魂がふるえる」を開催