現代アート

contemporary art

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/damienhirst_05.jpg

現代アートとは、現代の社会情勢や社会問題を反映した作品や、美術史や社会への問題提起・批判を感じさせる作品のことを指します。政治や社会といったことをテーマにしていることが多いため、作品のテーマになっている事象に対して、詳しい背景を知っていたり、学んでいないと理解するのは難しいといえます。難解なイメージを持つ人が多いのはそのためです。しかし、観る人に想像力を使わせ、能動的に解釈する楽しみを与えてくれるのが現代アートです。
これまで伝統的な芸術作品はリアリティを求める傾向にありましたが、近代・現代に向かうにつれて、概念や思想といった目に見えないものをテーマにするように変化していきます。また、みんなが知っているのに気づかないものや、近くにあるのに見過ごしてしまうもの、これらに焦点を当てた作品が多いことも現代アートの特徴です。男性用便器を芸術作品としたことで有名な、マルセル・デュシャンの作品「泉」は、まさに日常の中にあるものも観方を変えれば芸術となる、ということを確立した作品です。「これはアートなのか?」と疑問を投げつけられる、思考で楽しむ芸術といえます。
社会問題や美術に関する知識がなければ理解するのが難しいことは確かですが、現代アートは私たちにテーマについて考えるきっかけを与えてくれるものであり、作品を見て考え、語り合う人がいないと完成しないアートです。

関連アーティスト
草間彌生,村上隆,奈良美智,杉本博司,会田誠,オノ・ヨーコ,名和晃平,ゲルハルト・リヒター,ダミアン・ハースト

関連記事

ファン必見!草間彌生美術館への行き方と見所をご紹介

草間美術館がついにOPEN! 2017年10月、新宿に待望の「草間彌生美術館」がOPENしました! 作品だけでなく、美術館の外観や内装もドット・水玉でデザインされ、草間彌生ファンにはたまらない、新宿の隠れたアートスポットです。

バンクシーの正体はあのミュージシャン?制作中の姿を激写!

ついに明かされる!? バンクシーの正体 世界が注目するグラフィティアーティスト、バンクシー。 彼はその作品だけでなく、正体を公にしていないことでも有名です。 現在に至るまで一切素性を明かさず、人目に触れることなく世界に作品を

【2018年最新版】草間彌生の展覧会情報一覧

更新日:2018年8月2日 ソース 日本を代表する、前衛アーティスト・草間彌生。 今年7月に終了した松本市現代美術館での草間彌生展「ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」はまだ記憶に新しいと思います。 この展示には

現代アートを楽しむために!知っておきたいアーティスト40人

  もっと現代アートを楽しむために あなたは何人の現代アーティストを知っていますか? 美術経験は人それぞれ。 「古典絵画から現代アートまで、どんなジャンルでも任せて!」そんな人も居れば、「美術館にはたまに行くけど、印象

東京都内のおすすめギャラリー21選

あなたはどんな時ギャラリーに足を運びますか? 好きな作家さんが個展をやっていたり、ふと目についた絵が気になって入ってみたり、「休日は東京のギャラリーを梯子する」という人もいるのではないでしょうか。 一般的には「敷居が高くて入り辛い」