ダミアン・ハースト

Damien Hirst        
1965年年-
https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/Damien-Hirst-.jpg
国籍
イギリス
 
アーティスト解説
ダミアンハーストはイギリスの現代美術家であり、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBAs)と呼ばれる、1990年代に有名になったコンテンポラリー・アーティストの中の一人で、現在でも第一線で活躍し続けています。
死んだ動物をホルムアルデヒドによって保存したシリーズが有名で、美術コレクターとして有名なチャールズ・サーチが長年の間パトロンとして彼のアート作品を購入してきました。
縦に真っ二つに切断された牛と子牛をホルマリン漬けにした作品は1995年にターナー賞を受賞しています。
彼の作品には賛否両論あり、動物をグロテスクに展示する残酷さへの批判や芸術品としての価値に対する懐疑的な意見が多く見受けられます。
一方で近年、こうした作品とは異なり、約2kgのプラチナを使用して制作した18世紀の頭がい骨の鋳型を元に、8601個のダイヤモンドで覆った作品「For The Love Of God」は日本円にして約74億円で落札されるなど、最も評価の高いアーティストとして確固たる地位を築いています。
このほかにも高級住宅地ノッティング・ヒルで、薬瓶を並べたインスタレーション作品をまるで本物の薬局のように展示するなど、人々を驚かせる奇想天外の作品が注目されています。
経歴

    1965年 イングランド西部のブリストルで生まれ、北部の都市リーズで育つ。

    1986年 建築現場で2年間働いた後1986年から1989年までロンドン大学のゴールドスミス・カレッジで学ぶ。

    1988年 イギリスの大手広告代理店サーチ・アンド・サーチの社長チャールズ・サーチに見出される。

    1991年 初の個展を開く。

    1993年 イギリス代表として国際美術展覧会ヴェネツィア・ビエンナーレに出展。

    1995年 ターナー賞を受賞。

関連ページ