キース・ヘリング

Keith Haring        
1958年年-1990年年
https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/keithharing-1.jpg
国籍
アメリカ
 
アーティスト解説
キース・ヘリングはアメリカ・ペンシルベニア州レディング生まれのストリートアートの先駆者です。
彼は1980年代アメリカで、ニューヨークの地下鉄構内で使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、その上からチョークを用いて描くという手法で、次々と地下鉄構内に作品を描いていきました。
やがてそれはサブウェイ・ドローイングと呼ばれ、ニューヨーク市民に知られる存在となっていきます。
シンプルな線でリズミカルに書かれた絵はいくつか決まったモチーフがあり、中でも人型のシルエットが代表的です。今日ではファッションブランドとのコラボレーション作品が販売され、現代の若者にも多く親しまれています。
また彼は同性愛者でもあり、社会貢献活動を多く行なったことでも知られています。
AIDS撲滅活動や恵まれない子供たちへの活動を献身的に行い、来日時には子供達とのワークショップも行っています。
1990年2月にエイズによる合併症のため、31歳で死去しますが、最後まで作品を描き続けた画家でした。
そのため彼がとして活動したのは日本では山梨県の中村キース・ヘリング美術館で彼の作品を堪能することができます。
彼が来日時に製作した絵画やモニュメントが多く展示されています。
経歴

    1958年 ペンシルベニア州レディングに生まれる。

    1978年 ニューヨークにうつりスクール・オブ・ビジュアル・アーツに入学。

    1980年 ニューヨークの地下鉄構内で使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、サブウェイ・ドローイングと呼ばれる活動を始める。

    1981年 ウェストベス画廊で初個展。

    1982年 ソーホーの大手画廊トニー・シャフラジでデビュー。 ドイツの国際展ドクメンタ参加。

    1983年 初来日。ホイットニー・ビエンナーレ出展。

    1990年 エイズによる合併症のため、31歳で死去。