グラフィティ・アート

Graffiti art
https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/banksy_08.jpg
「グラフィティ・アート」とは、主にスプレーやフェルトペンなどを用いて、壁や電車など公共の場所に描かれる絵や文字の総称です。
先進諸国の大都市圏で広く見られますが、「グラフィティ・アート」と呼ばれるルーツは1970年代のニューヨークにあるとされています。1980年代に入り流行が国際的に広まるなか、本来は壁画研究においての学術用語「グラフィティ(Graffiti)」を「落書き」という日常的な意味で用いることが一般化していきました。芸術としての「グラフィティ・アート」という概念は、そのプロセスで派生したものです。
所有者や管理者の許可を得ず、ゲリラ的に描かれることが特徴であるため、本来は違法であり器物損壊の罪に問われるものです。そのため、芸術と解釈する人々により「グラフィティ・アート」と呼ばれる一方で「悪質な落書き」とも呼ばれる、リスクの大きいアートと言えます。ただし、そのような二面性がある中でも、稀に絶大な人気と市民権を獲得するアーティストが出現する場合があります。初期のキース・へリングや、ジャン=ミシェル・バスキア、そして近年では皮肉や社会風刺を織り交ぜた作風に共感と絶大な人気を得ているバンクシーがその例です。
芸術として評価するうえでの基準の曖昧さや、世界各国で社会問題となっている一面を踏まえ、許可なく描いているものはすべて一律で違法なのか、もしくは誰が描くかによって判断が変わるのかが問われ、所有権についても度々議論が巻き起こっています。
関連アーティスト
キース・ヘリング,バンクシー,大山エンリコイサム