2018/08/31

グラフィティアートバンクシー現代アート   
   アーティスト    

バンクシーの正体はあのミュージシャン?制作中の姿を激写!

ついに明かされる!?
バンクシーの正体

世界が注目するグラフィティアーティスト、バンクシー。
彼はその作品だけでなく、正体を公にしていないことでも有名です。

現在に至るまで一切素性を明かさず、人目に触れることなく世界に作品を残していくバンクシーは、まさに正体不明、謎の存在です。

メディアのインタビューなどを受けることはあるものの、対応は電話かメールに限定するほどの徹底ぶり。

そんなバンクシーですが、ついにその姿が激写されたとして1枚の写真が公開されました。

正体不明のバンクシーとは一体どんな人物なのか?!
1枚の写真によって明らかになる、バンクシーの人物像に迫ります。

 

 

バンクシーの正体が判明した経緯

 

これまでバンクシーの正体については様々な説が噂されていました。

バンクシーは1人ではなく、
複数のメンバーからなるアーティスト集団である。

バンクシーは女性である。

など、どの噂も憶測の域を出ず、彼の正体に誰も辿りつけないまま、疑惑はいつまでも疑惑のままでした。

しかし、今回なんと「バンクシーと思われる男性の姿が撮影された」として1枚の写真が報道されたのです!

 

カメラが捉えた!バンクシーの正体

 

スプレー缶を手にした男性は、作品を描き終えた瞬間、もしくは制作の真っ最中のように見えます。

 

そして彼が立つ壁には、

「Peace on Earth Terms and conditions apply」

と書かれたグラフィティーアートが。
このアートが、まさに彼がバンクシーだと決定づける要因になりました。

 

 

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿

なぜならこの作品は、当時バンクシーがオフィシャルサイトで公開していた最新作のアートだったからです。
バンクシーはこの作品をinstagramにも投稿しています。

 

バンクシーであろうこの男性を激写したのは、作品が描かれたベツレヘムに観光で訪れていた1人のイギリス人男性。

撮影当時は彼がバンクシーだということには気づいておらず、「無名のアーティストがグラフィティアートを描きに来たと思い、撮影した」とのこと。

 

その後、彼は偶然にもバンクシーのサイトを訪問。
サイトトップに撮影したものと同じ作品を見つけ、自分が意図せず、作品を描き終えたばかりのバンクシーらしき人物の姿を撮影していたことに気づいたのです!

 

最有力候補?Robert Del Naja

 

ロバート・デル・ナジャってどんな人?

バンクシーの正体について、現在最も有力な人物だと噂されているのが、ロバート・デル・ナジャ(Robert Del Naja)です。

彼はイギリス・ブリストル出身の音楽ユニット、マッシヴアタック(Massive Attack)のメンバーで、3Dという名前で活動しています。

 

ロバートはグラフィティアーティストとして活動していた時期もあり、撮影された写真の男性と背格好や面影、印象が似ていることから、「ロバートがバンクシーの正体では!?」と噂されています。

ロバートがバンクシーの映画に出演したり、ロバートの出版本にバンクシーが序文を寄せたりと、お互いの作品に参加していることもあり、そんな二人の関係性も「ロバートがバンクシーだった」のであれば合点がいきます。

 

バンクシー=ロバート説が噂されている理由

 

なぜ彼がバンクシーだと噂されているのか?
その理由は、報道された写真以外にも2つあります。

 

①ロバートのいる場所にバンクシーが現れる?


ソース

これまで、バンクシーが作品を残していく場所に規則性はないように思われていました。

しかし、彼の作品の出現場所・時期と、過去のマッシヴアタックのツアー開催地・期間が重なっていることがわかったのです。

つまり、マッシヴアタックがコンサートを開催すると、不思議とその前後の期間に会場近くでバンクシーの作品が出現する、というわけです。

 

実際に、2006年に行われたバンクシーの展示は、マッシヴ・アタックがハリウッドで演奏を行った次の週に開催されていたり。

 

2008年に14の作品がニューオリンズに現れた時には、ロバートはニューオリンズを題材にしたドキュメンタリー「Trouble the Water」のためのサウンドトラックを共作しています。

 

2010年にマッシヴ・アタックは北米ツアーを行い、サンフランシスコ、ニューオリンズ、トロントで演奏を行いましたが、その後ツアー道程を追う様に、バンクシーの作品が見つかっています。

 

こうなってくると、マッシヴアタックのメンバーの誰かがバンクシーなのでは?と疑ってしまうのも当然ですよね。

現地のジャーナリストの間では、デル・ナジャがツアースタッフを指揮してバンクシーとして作品を描かせているのでは?というのが定説になっています。

 

② Goldieのうっかり発言

一連の事件を後押しするように、バンクシーの正体について、うっかり彼の名前を呼んでしまった人がいます。それは、1980年代にグラフィティアーティストとして世界に名を馳せ、現在は音楽シーンで活躍を続けるGoldieです。

彼があるポッドキャストに出演した際、バンクシーの今までの活動や、世界への躍進・影響が話題にのぼりました。
そしてトークに夢中になったGoldieが、バンクシーのことをなんと“Robert”と呼んだのです!

彼が口にしたのは“Robert”というファーストネームだけですので、それだけでバンクシーが誰なのかを特定することはできません。
しかし、これまで囁かれてきた、「バンクシーの正体はマッシヴアタックのロバートである」という噂を裏付けるには十分すぎると言える発言でした。

Goldieのこの発言によって、一度は落ち着いていたバンクシー=ロバート説は再燃。誰もが「ロバートがバンクシーに違いない!」と確信したのです。

 

バンクシーの正体の謎

 

激写された写真、マッシヴアタックとの関連、そしてGoldieの発言によって、「バンクシー=ロバート・デル・ナジャ」という説は非常に濃厚になりました。

しかし、ロバート本人はこの報道ついて否定し、自分はバンクシーではないが、バンクシーとは親しい友人である、と公表しています。

決定的な瞬間をとらえた写真により、ついにバンクシーの正体が明かされるかと思われましたが、彼の正体に辿りつくことはできず、真相は闇に包まれたままとなりました。
やはり、バンクシーはそう簡単に正体を明かしてはくれません。

私たちが彼の素顔を見ることができる日は来るのでしょうか?

彼の作品、その正体、全てが未だ大きな謎に包まれたバンクシー。
今後も正体不明のグラフィティアーティストから目が離せません!

 

 バンクシーについてもっと詳しく

 

関連記事

炎の画家 ゴッホ|経歴と代表作品をご紹介

炎の画家 フィンセント・ヴァン・ゴッホ     世界で、日本で一番有名と言っても過言ではない印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。 壮絶な人生と、絵画に対する情熱から「炎の画家」とも呼ばれていま

KaoRiだけじゃない!アラーキーのセクハラ疑惑

  ソース   荒木経惟(のぶよし)は、1960年代から50年間以上にわたって日本の写真界の第一線で活躍している写真家です。 生まれ育った下町の風景や、そこで生きる人たち、愛する妻、ペットの猫から、過激なヌー

イケメン画家 エゴン・シーレが描くエロス

ソース   第一次世界大戦前にクリムトと並んで活躍した、初期表現主義を代表する画家・エゴン・シーレ。 20世紀初頭のポートレイト絵画で最も影響力のある人物です。   まだタブー化されていたヌードを大胆な構図

現代アートを楽しむために!知っておきたいアーティスト40人

  もっと現代アートを楽しむために あなたは何人の現代アーティストを知っていますか? 美術経験は人それぞれ。 「古典絵画から現代アートまで、どんなジャンルでも任せて!」そんな人も居れば、「美術館にはたまに行くけど、印象

草間彌生の経歴と生い立ち|現代アート解説

草間彌生ってどんな人? 日本を代表する現代アーティスト・作家・デザイナーとして知られる草間彌生。 彼女のトレードマークである、カボチャや水玉の作品を一度は見たことがあるという人も多いのではないでしょうか? ユニクロやルイ・ヴィ