イギリスバンクシー
ART

バンクシーの新作、廃墟に描かれた壁画を解体業者が建物ごと破壊!?

神出鬼没のストリートアートアーティスト、バンクシー。

2023年3月15日、バンクシーの公式Instagram上に新作が投稿されました。

この作品は、イギリスの海辺の街にある建物の壁に描かれたもので、制作直後、地元の解体業者により建物ごと破壊されたことが分かりました。

建物の敷地はもともと解体予定地であり、監督していた解体業者は「壁画がバンクシーの作品だとは知らなかった」とコメントしています。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
23件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
55件見つかりました!
診断をやり直す

3月15日、バンクシーInstagramに新作を投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Banksy(@banksy)がシェアした投稿

2023年3月15日、バンクシーは自身の公式インスタグラムに新作の写真を含む3枚の画像を投稿しました。

最初の2枚の写真には、イギリス・ケント州の海辺の町ヘーンベイ(Herne Bay)にある老朽化した建物に描かれた壁画が写っており、3枚目の写真には、この壁画が地元の解体業者によって建物ごと取り壊された様子が写っていました。

 

カーテンを開ける少年と猫の壁画

建物の壁には、金属製のカーテンを開く少年と、猫のようなシルエットが描かれていました。

バンクシーがInstagramに投稿した3枚目の画像(壁が破壊されている様子の写真)には「Morning is broken. 」というタイトルが加えられています。

投稿ではこのタイトル以外、作品の詳細や破壊の経緯は語られていません。

この投稿に対し、多くのファンから「解体自体が演出なのでは?」と推測するコメントが寄せられましたが、解体は地元の地主により行われたことが明らかになりました。

 

バンクシーは破壊されることを望んでいた?

この壁画が描かれたのは、1529年頃に建てられた築500年の建物で、この敷地を所有する地元の不動産開発会社カイトウッドは、67軒の新築住宅の建設を予定していました。

建物の取り壊しは昨年末に承認され、誰もこの壁画の重要性には気づいていなかったとのことです。

 

取り壊しを始め、地主も私たちの作業を見ていましたが、それがバンクシーだとは誰一人思っていませんでした。

バンクシーだと知って、気分がたちまち悪くなりました。

と請負業者のジョージ・コードウェルは地元メディアKentOnlineの取材に対しコメントしています。

 

この絵の出所を知った作業員や地主たちは、すぐさま瓦礫をかき分け、作品が無事かどうか慌てて確認し始めたとのこと。

幸いなことに、合板の一部分には、ステンシルで描かれた人物のほとんどが残っていました。

 

瓦礫の山から作品が回収される様子を見ていた地元のアダム・ブルックスさんは、「ゴミ箱から出てきた聖杯のようだった」とKent Onlineの取材に対しコメント。また、

バンクシーは普通、人に見てもらいたい場合は作品をインスタグラムに投稿するので、破壊されることを望んでいたに違いないと思います。

今回は明らかに、壁画が取り壊されるために描いたのではないかと思います。

と語っています。

 

近年、バンクシー作品はオークションで高値で取引されており、市場価値の高騰から、壁画の盗難や転売、所有権を巡る争いが問題となっています。

今回、バンクシーは壁画の破壊を望んでいたのか、建物の破壊にどこまで関与していたのか、背景は謎に包まれたままですが、バンクシーを象徴するパフォーマンス作品の一つとなったことは間違いありません。

バンクシーの次の新作は一体どのような形で発表されるのでしょうか?

Instagramの投稿を楽しみに待ちましょう。

 

 

関連記事

コラージュとは?作り方や有名なコラージュ作品を紹介!

写真や印刷物などを「切り貼り」してイメージを作り出すコラージュ。 アーティストが表現方法のひとつとして用いるのはもちろんのこと、「絵を描くのが苦手」という人でも取り組みやすいことから、世界中で活用されている人気の手法です。 今回

「富嶽三十六景」とは?葛飾北斎の名作を全36作品解説!

世界で尊敬される浮世絵師、葛飾北斎。 彼の代表作である『富嶽三十六景』は、2020年発行パスポートに採用されたことで、日本でも再び注目度が高まってきました。ここでは全46図のロケーションと作品の見どころを徹底解説いたします。

「印象派」とは?モネなどの有名な画家と代表作品を分かりやすく解説

感じたままに時代を描く 印象派の画家たち 日本人にも人気の高い「印象派」。 1860年代にマネは、奥行きがない空間や陰影に乏しい人物をあえて描くなど、従来の描き方を大きく逸脱した作品を発表し、絵画の新時代を開きました。 同じ

ミレーの絵画「オフィーリア」を解説!川に浮かぶ王妃の悲話

英国の美術作品の中でも、最高傑作と言われる、ミレーの「オフィーリア」。 一度目にすると忘れられない、美しい描写が人々を魅了し、現在でも多くのファンがいます。 この作品に描かれている女性は、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレ

絵画の種類・分類にはどんなものがある?特徴を分かりやすく解説

絵はどこで買える?種類は? 絵画を買う手順と注意点をおさらい あなたの家の壁には絵がありますか? 誰しも一度は、海外の雑誌で見るような絵画のあるおしゃれな空間に小さな憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか。 部屋に一

TOP