ポップアート

popart
https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/andywarhol_03_01.jpg
ポップアートとはアメリカの大衆文化の影響のもと、大量生産・大量消費社会をテーマに1950年代のイギリスで誕生した美術動向のことです。ポピュラ―アート=大衆芸術の略称で、ロンドンの批評家ローレンス・アロウェイが商業デザインなどを指したことで、美術同行を表す言葉として定着するようになります。
実際にポップアートが盛んになったのは、大衆文化の発信地であった1960年代のアメリカ、特にニューヨークです。なかでも、人気女優のマリリン・モンローをモチーフに、マスメディアが演出する虚像をアートに取り入れたり、大量生産品であるキャンベルスープ缶をモチーフにしたことで、アンディ・ウォーホルは非常に有名です。他にも、ロイ・リクテンスタイン、ロバート・ローゼンクイストなどが代表的な作家として知られています。
既製品や既成イメージをそのまま使用するポップアートは、観る人の心を瞬時に掴む力強さや社会へのメッセージ性といった魅力によって、当時多くの人々に歓迎されたのです。
また、それまで高級な文化としてとらえられてきたアカデミックな芸術に対し、大衆文化をモチーフやイメージとしたポップアートは、これも一つのアートであるということを証明し、大衆文化との境界線を取り払う結果をもたらした、美術界に大きな影響を与えた芸術でもあります。
関連アーティスト
ロイ・リキテンスタイン,アンディ・ウォーホル,リチャード・ハミルトン,デイヴィッド・ホックニー,ジム・ダイン,キース・ヘリング,アレックス・カッツ,ジェフ・クーンズ