チーム・ラボ

teamlabo        
2000年-
https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/teamlab-1.jpg
国籍
日本
 
アーティスト解説
チームラボは東京都千代田区に本社を持つデジタルコンテンツの開発を行う会社です。様々な分野のスペシャリストから構成されており、ウルトラテクノロジスト集団と自称しています。アーティスト、プログラマー、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家などm様々な分野の専門家によって、最新のテクノロジーを活用した芸術的な表現のデジタルコンテンツ及びシステムの制作を得意としています。
もともとは、2001年に東京大学と東京工業大学の大学院生5名によって設立され、創業当初はWEB開発と共に独自技術の製品開発やデジタルアートを手掛けていました。しかし、創業時はアートの領域ではなかなか認められず、村上隆のアドバイスを受けたことにより世界での活動をスタートさせます。台湾での個展を皮切りに、2016年にはシリコンバレーで大規模な展覧会を開催し、週末は必ず長い行列ができるほどの大盛況で、会期も延長されるほどの人気を博しました。
また2018年には、森ビルと共同で運営するミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」がお台場にオープンし、チームラボにとって初めての常設ミュージアムとなりました。ミュージアムでは、作品同士の壁がなく自然と次の作品にたどり着いています。そして観客が立ち止まったり、作品に触れることによって、作品が動きを変える、まさにボーダレスな世界が広がっています。これまでに発表した作品に加え、世界初公開作品も加わり、チームラボが探求してきたデジタルアートをまとめて楽しむことができる場所です。
経歴

    2000年 東京大学・東京工業大学の大学院生・学部生によってチームラボ有限会社を設立する。

    2001年 チームラボ有限会社を創業。

    2002年 チームラボ株式会社に組織変更。

    2011年 チームラボ初の個展「生きる」展を台湾で開催する。

    2012年 欧州最大のバーチャルリアリティ博覧会「Laval Virtual 2012」で、アート作品『世界はこんなにもやさしく、うつくしい』が「建築・芸術・文化賞」を受賞する。

    2013年 国際美術展「シンガポール・ビエンナーレ」にビエンナーレのメインアーティストとして参加する。

    2016年 米シリコンバレーにオープンした、Pace Art + Technologyのオープニングエキシビジョンとして個展「teamLab: Living Digital Space and Future Parks」を開催する。

    2018年 MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderlessがお台場にオープンする。

関連ページ