「アート」に関する記事

thisismediaの「アート」に関する記事まとめました。thisismediaは「アート」などを紹介しています。

エルミタージュ美術館への行き方と見どころを徹底解説

ロシアに来たら必ず訪れたい エルミタージュ美術館 ロシアに行く際には必ず訪れたいのが、サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館です。 美しい水色の外壁が印象的なバロック形式の宮殿は、1991年のソビエト破壊後に国立美術館

六本木エリアの観光におすすめの美術館6選

六本木エリアで 必ず行っておきたい美術館6選 東京の中でも大人な雰囲気が漂う六本木。 近年では「六本木アートナイト」などアートにおいてもかなり盛り上がりを見せており、芸術を楽しむための主要スポットとなっています。 展示の内容

オルセー美術館への行き方と見どころを徹底解説

オルセー美術館は、パリにある19世紀美術を専門とした美術館です。 モネやルノワール、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンといった巨匠たちの名作を多く展示しており、印象派のコレクションは世界的にも有名です。 1900年のパリ

「ムンク展」感想レビュー 初日の混雑状況は?

いよいよ10月27日(土)から上野の東京都美術館で展示が始まった「ムンク展-共鳴する魂の叫び」 ムンクの代表作「叫び」の初来日とあって、開催前から大きな話題となっていますね。 thisis編集部もそんな大注目の展示に朝一で行ってまい

「ムンク展」の特別チケット・前売券・当日券の購入方法

いよいよ10月27日(土)から上野の東京都美術館で開催する「ムンク展-共鳴する魂の叫び」 ムンクの代表作「叫び」の初来日とあって、開催前から大きな話題となっています。 開催期間は来年の1月20日まで。年越しを挟むので、12月〜1月の

子どもと一緒に楽しめる おすすめ美術館10選【関東】

ソース 休日は親子で美術館へ 「美術館は静かにしないといけないから、子供を連れていくなんて、絶対無理!」 そう思っている人が多いですが、実は、近年、子供と一緒に楽しめる美術館が急増しているのをご存知でしょうか。 美術館によっては

一度は行きたい 日本全国のおすすめ美術館25選

現在、急激な進化を遂げる 日本の美術館 あなたはいつもどんな美術館に行きますか? アメリカ、ドイツに次いで世界で3番目に美術館の数が多いと言われる日本。 最近では地方の有名な美術館も雑誌やテレビで大きく取り上げられ、海外から

ゴッホのおすすめグッズ12選

ゴッホの絵を身近に持ち歩ける おすすめグッズ12選 壮絶な生涯と力強い絵から、「炎の画家」と呼ばれるゴッホ。 ゴッホは日本人から特に人気があり、オランダのゴッホ美術館には多くの日本人が訪れます。 美術館でゴッホの絵の画集やポ

「炎の画家」ゴッホの代表作14選

「炎の画家」ゴッホが残した 名画14選を徹底解説 「炎の画家」ゴッホ、彼の残した力強く色彩感のある絵画は、日本だけでなく世界中の人に愛されています。 現代の人気とは正反対に、その生涯に1枚しか絵が売れなかったというゴッホ。

一度は行きたい 世界の有名美術館20選

海外旅行などで観光地の1つに紹介されることの多い美術館。 美術館は、絵画だけでなくその国、地域の歴史・文化を物語る美術品、工芸品が多く展示されています。 世界的に有名なルーブル美術館やプラド美術館、エルミタージュ美術館といった宮

メキシコのおすすめ美術館7選

独自の文化と最先端のアートを楽しむ メキシコの美術館 長い植民地支配の歴史を持つメキシコは、独自の民族文化と芸術が発達した国です。 そんなメキシコの美術館では、日本や欧米諸国では見られない異色感の強い作品を見ることができます。

美術館にへ行く前に!知っておきたい西洋美術史

  これだけは知っておきたい! 西洋美術史の基礎知識 有名絵画の来日などで話題になる美術展。 海外旅行では必ずツアーに組み込まれている美術館。 会社によっては内覧会に招かれたりと、美術の知識はビジネスマンや大人の教養

象徴主義とは?西洋美術史入門

象徴主義とは? 象徴主義とは、19世紀後半にフランスとベルギーで起こり、ヨーロッパ全土とロシアに波及した芸術運動です。 この運動は文学から始まり、音楽、そして美術と広範に及びました。 「象徴主義」という言葉は、フランスで活動し

キュビズムとは?西洋美術史入門

キュビズムとは? キュビズムとは、20世紀初めのパリで、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって生み出された、新たな美術表現の試みのことです。 一つの対象を固定した単一の視点で描くのではなく、複数の視点から見たイメージを、一

シュルレアリスムとは? 西洋美術史入門

シュルレアリスムとは? シュルレアリスムは、日本語で「超現実主義」と訳される芸術の潮流の1つです。 1924年にフランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱したことでシュルレアリスムは始まり、ヨーロッパの絵画や文学などにおいて夢や空想

抽象表現主義とは?西洋美術史入門

抽象表現主義とは? 1940年代後半から50年代にかけてニューヨークを中心に広まった抽象表現主義は、その名の通り具体的なモチーフを持たず、巨大なキャンバスに描かれ、感情を表現したスタイルです。 「ザ・ニューヨーカー」誌が1945