真珠の耳飾りの少女

Girl with a Pearl Earring

ヨハネス・フェルメール

作品解説
この絵が制作されたのは、1665年か1666年、フェルメールが33歳から34歳、画家として安定した頃の作品といわれています。署名は「IVMeer」とありますが、日付はありません。また注文を受けて描かれたのか、そうであれば誰から注文を受けたのか、あるいは自分の趣味で書いたのかも不明なのです。フェルメールがなくなったのは1675年。43歳で、破産同然でした。残っていた作品は全て競売などにかけられ、散逸しています。その後、時が経つにつれて絵は汚れ、1881年にハーグのオークションで約1万円で落とされます。購入したデ・トンプは独り身だったため、所有していた美術品をマウリッツハイス美術館に寄贈しました。
制作年
1665年
 
素材/技法
キャンバスに油彩
 
制作場所
デルフト
 
ジャンル