大はしあたけの夕立(名所江戸百景)

Sudden Shower over Shin Ohashi Bridge and Atake, from the Series One Hundred Scenic Spots of Edo

歌川広重

作品解説
"「大はしあたけの夕立」は広重の名所絵シリーズ「名所江戸百景」の1図で、印象派の巨匠・ゴッホが「亀戸梅屋舗」とともに模写したことでも有名です。|笠やむしろが風に飛ばされないように手で押さえながら人々が駆けていく様子は今も昔も変わらず、臨場感にあふれています。|絵をよく見ると、雨は角度と濃さがちがう2種類の線で表現されており、これによって雨の激しさをよりリアルに表現しています。|「大はし」は隅田川に架けられていた新大橋のことで、対岸に薄ぼんやりと見えているのが「あたけ(安宅)」です。|ここには幕府の運搬船「安宅丸」がつなぎ留められていたことから、あたけの名で呼ばれるようになりました。"
制作年
1857年
 
素材/技法
多色刷木版画
 
制作場所
江戸
 
所蔵美術館
ジャンル