印象派

Impressionists

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/Soleil_levant_Claude_Monet.jpg

印象派は1860年代半ばにフランスで始まった芸術運動で、描くものの輪郭や色ではなく、描く対象の周りの光や空気感をとらえようとした手法です。印象主義とも呼ばれています。
印象派の活動は、4人の画家が同じアカデミーで出会ったのをきっかけに始まりました。クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、アルフレッド・シスレー、フレデリック・バジールの4人です。
彼らには、古典主義の絵画より、風景やその当時の生活を描きたいという共通の興味がありました。そこで、田舎に出掛けて戸外で絵を描くようになります。
彼らはパリのクリシー通りのカフェにたむろしていましたが、そこでさらにエドゥアール・マネ、カミーユ・ピサロ、ポール・セザンヌ、アルマン・ギヨマンらと出会い、彼らもまたも印象派の活動に参加します。

印象派という呼び名は、港の早朝を描いたモネの作品、「印象・日の出」がもとになっています。この作品は旧来の写実主義や遠近法を無視して自分の感覚を表現したもので、まさに印象派の絵画を代表する作品ですが、発表当時は保守的な美術界から激しく批判されました。
印象派の作品は、サロンや批評家の間では厳しく酷評されていたものの、一般の人々からは好感をもたれ、次第に銀行家や医者などを中心に人気が広がっていき、やがてアメリカ市場に販路が開けたことで、フランスのサロンにも受け入れられるようになります。

印象派の画家として知られているゴッホやゴーギャンは、厳密には後期印象派やポスト印象派と呼ばれ、マネを代表とする印象派とは区別されています。一方で、印象派設立時からのメンバーであるセザンヌやルノワールもまた、ポスト印象派と呼ばれています。
これは、セザンヌやルノワールが、当初の印象主義の手法から離れて独自の作風を展開していったため、むしろポスト印象派の作風と見なされるからです。

関連アーティスト
エドゥアール・マネ,カミーユ・ピサロ,エドガー・ドガ,アルフレッド・シスレー,ポール・セザンヌ,クロード・モネ,メアリー・カサット,ギュスターヴ・カイユボット,オーギュスト・ルノワール

関連記事

映画『ゴッホ ~最期の手紙~』あらすじ・レビュー

  DATA   原題  『Loving Vincent』   監督  ドロタ・コビエラ       ヒュー・ウェルチマン   制作   2017,イギリス・ポーランド合作  日本公開 2017年11月3日

「炎の画家」ゴッホの代表作14選

「炎の画家」ゴッホが残した 名画14選を徹底解説 「炎の画家」ゴッホ、彼の残した力強く色彩感のある絵画は、日本だけでなく世界中の人に愛されています。 現代の人気とは正反対に、その生涯に1枚しか絵が売れなかったというゴッホ。

「印象派」とは?代表的な画家と作品を解説

印象派とは? 日本人にも人気の高い「印象派」。 印象派は19世紀後半のフランスで始まりました。 当時、国家の保護下にあり、フランスの美術界の中心だった芸術アカデミー。 アカデミーの教育に疑問を持ったクロード・モネやピエール=

美術館にへ行く前に!知っておきたい西洋美術史

  これだけは知っておきたい! 西洋美術史の基礎知識 有名絵画の来日などで話題になる美術展。 海外旅行では必ずツアーに組み込まれている美術館。 会社によっては内覧会に招かれたりと、美術の知識はビジネスマンや大人の教養

ゴッホのおすすめグッズ12選

ゴッホの絵を身近に持ち歩ける おすすめグッズ12選 壮絶な生涯と力強い絵から、「炎の画家」と呼ばれるゴッホ。 ゴッホは日本人から特に人気があり、オランダのゴッホ美術館には多くの日本人が訪れます。 美術館でゴッホの絵の画集やポ